--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.11.27

網走の紅葉、終りかけ(後)

10月中旬。網走湖の女満別湖畔にて(こう書くとやっぱり変な気がする。)
ヒヨドリの群れがやって来たので、E-1にED300mmを装着する。
sTA184779_2.jpg
薄暗いのとiSがないので、テレコンはEC-14を選び、枝を離れる瞬間を待つ。

ヒヨドリが枝を離れた瞬間のアップ。
sTA184779_2t.jpg
飛ぶ寸前に目立つ予備動作をしない(ように見える)ので難しい。
まぁ人間の動態視力で追えるような緩慢な動作だと猛禽に襲われて全滅だろうけど。


続きを読む
スポンサーサイト

Posted at 00:00 | | COM(0) | TB(0) |
2008.08.28

夕方の馬

7月上旬。天気が良かったので夕方に北浜へ急ぐ。
浅瀬にオジロワシが座っていないか、
それとも滑空していないか探してみるが、どうも見当たらない。
完全に日が暮れるまでに飛んで来る可能性もちょっとはあるので、馬を撮影して時間を潰す。
sT7070268_2.jpg

去年ここで会った子馬もすっかりたくましくなった。
sT7070277_R.jpg
人を見ると近づいてくるが、油断するとズボンとか噛むので注意。

もう少しで日の暮れる濤沸湖
sT7070290_2.jpg
こうして見ると馬3頭が草を食べるにはかなり広く見えるが、
実は湿地の部分が多くて、大雨の後に来るとそこら中に水溜りができている。
ヤブ蚊とかヌカ虫の類も多いので、虫除け塗ったくっていっても
腕とか足首とか刺されたりする。

こちらはE-3とED300mm F2.8で撮った馬。
アヤメが満開のときに撮ればよかった…。
sT7071090_2.jpg



Posted at 00:00 | | COM(0) | TB(0) |
2008.08.13

一面のアヤメ、そして馬(後)

6月下旬。遠くの浅瀬にオジロワシの幼鳥が見えた。
sT6220526_1.jpg

拡大してみると、白い部分がかなり多い。
去年も見かけた鳥なのか、今年はじめて見かけた鳥なのか、識別しにくい。
sT6220526_1t.jpg
もしかすると今年巣立ちしてヒナなのかもしれないが、よく判らない。

空中へ舞い上がるオジロワシ。
sT6220531_2t.jpg
クチバシの形と色からして、オジロワシの幼鳥には違いないが、遠いので資料としても少し弱い。
秋までにはもう一度くらい近くで撮れるだろうか?

続きを読む

Posted at 00:00 | | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。