--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.04.30

オジロワシとカラス

12月上旬。オオワシを撮った後、大曲経由で平和橋へ。
オジロワシはいたけれど、オオワシには遭えず。
sPC091222R.jpg


北浜に戻ると、若鳥の飛んでいくところが撮れた。
sPC091252.jpg


崖のところには、オジロワシ成鳥を見つけたものの
カラスがちょっかい出していた。
sPC091263.jpg


氷上ならカラスもフットワーク利かせるのだが、
倒木、しかも枝の多い樹だとちょっと動きが鈍いような気がする。
sPC091264.jpg

スポンサーサイト

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) |
2007.04.29

1秒以内に見つけたい

12月上旬。大雪の札幌から帰ってくると、網走も雪まみれだった。
全面結氷するまでの間、網走湖はワシで賑わうので朝から確認に向かう。
呼人を走る間(特に林のそば)は動体視力をフルに使ってワシを探す。
眼の焦点は車道の轍を追いつつ(センターラインは積雪で隠れている)、
コンマ数秒ずつ「よくワシのいたポイント」と「ルームミラー」にも視線を向ける。
進行方向以外を注視し続けるのは無駄に時間が流れて危険なので、
「視界を振る」と言うべきか。
視界の隅に「それっぽい影」が見えたら、一旦正面に視線を戻し、
車を安定させて、また一瞬だけ「影」を見て、次に車を停められる場所を探す。

呼人は道路の直線区間が短いので、こういう行動は採り難い。
濤沸湖付近は直線続きでラクだが、車速が出るのでやっぱり緊張する。
結局、1回の走行で見つけようとしないので、
何回か走って探した方が良いという当たり前の話になる。
sPC091182.jpg


簡単に見つかる時は探してもいないのに遭遇したりするのだが。

問題:下の写真でオオワシはどこにいるでしょう?
運転中につき1秒以内で見つけてくださいw
sPC090857m.jpg
続きを読む

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) |
2007.04.28

吹雪く空を飛ぶ

12月上旬。北浜で雪が降ってきたので、網走市街に戻ることにする。
藻琴を過ぎると晴れてきたので、そのまま呼人浦を見に行くことにする。
sPC031110ost.jpg


呼人浦に着くが、こちらも吹雪き始めた。
網走湖荘の吹流しが真横に流れているくらいの強風で、
車外に出るのが億劫になる。
風は強いが、地吹雪気味で、上空に雪は少ないようだ。
オオワシが楽しそうに滑空していく。
撮ってる人間は地吹雪に苦しみながらピントを合わせる。
sPC031132ostR.jpg


オジロワシの若鳥もいた。
直下の網走湖はほとんど凍っているのに何を探して飛び回っているのか気になった。
sPC031149ostR.jpg

2枚ともトリミング&シャープネス最大で何とか見られるようになった。

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) |
2007.04.27

珍しく若いのが

12月上旬。北浜に行くと、例の崖からまだ奥にオオワシを見つける。
どこから撮っても遠いので、バックがシンプルになりそうな位置まで移動して三脚を据える。
湖上に座ったオオワシは、人間を警戒するか、近くのワシが魚を撮るか、
カラスにつきまとわれるかしないと動かないことが多いので、
2枚撮ったら帰ろうかと思ってしまう。寒いし。
結局、近場のゴジュウカラを撮ったりして20分くらい粘ってみたら、
まわりのカモメだけ(別のオジロワシに警戒して)飛んでくれた。
sPC031060ost_1.jpg


白鳥公園に行くと、チラチラ雪が降ってきた。
もうカモだけ撮って過ごそうと思い、AT-X150を35-100mmに交換したら
珍しく正面にオジロワシの若鳥が降下してきた。
魚獲り1回目を失敗したところ。
sPC031078ost.jpg


上昇して裏山に帰るのかと思ったら
sPC031091ost.jpg


再度同じ場所に降下して小魚を捕まえた。
すっごく寒そう。
sPC031106ost.jpg
続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) |
2007.04.26

離陸の連続写真

12月上旬。呼人に寄ってみると、駐車帯の真横の湖上にオオワシが座っていた。
低木に紛れてカメラを構える。オオワシはまだこちらに気付いていない。

アゴ痒いな~、とだらけているところ
sPC031000ostR.jpg


すましてみる
sPC031010ost.jpg


ここでようやく人間に気がつく
sPC031011ost.jpg


一瞬かがんで
sPC031013ost_2.jpg


跳躍する。畳んでいた翼を広げるが
sPC031014ost_2.jpg


まず翼は頭上に向かって広げられる
(ここまで脚力だけで飛んでいる)
sPC031015ost_2.jpg


1回目の羽ばたき
sPC031016ost_2.jpg


そして再び翼を上方に持っていくが、
最初のような大きな動作は不要
sPC031017ost_2.jpg


2回目の羽ばたきでスピードものるので、
両足を尾翼付近に隠し始める
sPC031018ost_2.jpg


湖面に翼端が着きそうに見える
sPC031019ost_2.jpg


よく観光でイメージされてるようなポーズ
sPC031020ost_2.jpg


このへんまで来ると70km/hは出ていると思う
sPC031024ost_1.jpg
続きを読む

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(3) |
2007.04.25

呼人の駐車帯付近で

12月上旬。網走湖荘のすぐそばにある駐車帯。
GWはミズバショウ目当ての車が多く停まるが、
12月にオオワシがよくいる場所で、チェックは欠かせない。
よくいると言っても2羽くらいなので、(労力だけ考えたら)
大曲・三眺付近の方が良いポイントだが、
こちらの方が「駐車しやすい」「女満別湖畔への通過点」
という点で寄る回数がずっと多くなっている。

すぐ近くにいたが、完全に逆光。
もう少し移動して撮り直そうとしたら、気付かれて対岸に逃げられた。
sPC020933ost_2.jpg


車に戻って三脚とテレコンも使う。
オオワシは対岸の人間に気付いているが、なぜか上空も警戒している様子。
sPC020951ost_1.jpg


拡大するとこんな感じ。
sPC020951ost_1T.jpg


またすぐに移動。
絞っていたのでブレてしまった。
sPC020964ost_1.jpg


拡大するとボケボケのブレブレw
sPC020964ost_1T.jpg


オオワシとは直接関係ないが、
美岬トンネルから能取岬を眺められるようになった。
sPC030498.jpg


Posted at 00:00 | オオワシ | COM(2) |
2007.04.24

裏濤沸の森のなか

12月上旬。平和橋のあたりにオオワシがいないか探しに行く。
と言っても、平和橋の駐車帯から1kmばかり散歩するだけなのだが。
なお、田舎道で一般車両はかなり少ないものの、
ビート運搬用ダンプカーが多数走っているので、少し注意が必要。

オジロワシの若鳥を横目に歩いていくと、アカゲラに遭った。
路面より低い位置にいて意外に感じる。
sPC020869ost_1.jpg


木の皮に潜り込んでいる虫をほじくり出していると思うけど、
細かいところはよく分からない。
(スズメとかに比べたら)割と大きな鳥なので、
撮り易い方だ(遭遇できれば・・・だけど。)
sPC020872ost_1.jpg


ゴジュウカラかと思ったけど、微妙に色が違う鳥。
後日人に聞いたらキバシリだと言われた。
sPC020916ost_1.jpg

ほかにコゲラもいたけど、可愛く撮れなかったので省略。

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) |
2007.04.23

初冬のハクチョウ

サロマ湖でタンチョウを見た後北浜に行くと、オオワシの幼鳥が座っていた。
しかしかなり遠かったので諦めて、ハクチョウとオナガガモを撮って帰った。
sPB270829ostR.jpg


そして12月上旬。湖のあちこちに氷が張り始めた。
エサの確保も徐々に厳しくなってきて、
白鳥公園に集まるハクチョウも急激に増えてくる。
ちなみに下の写真は右に寄り過ぎ。
sPC020838ost.jpg


ハクチョウもこうやって飛んでいると優雅だけれど、
地面で近づいてみると印象変わってくる。
普段は精悍なワシも、カラスと並ぶと印象変わるので、
ハクチョウだけが駄目と言う訳でもないけれど。
そう考えるとカモは難しい被写体かもしれない。
sPC020841ost.jpg


Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) |
2007.04.22

キムネアップのオオワシ

11月下旬。サロマにタンチョウとオオワシを探しに行く。
途中、能取漁港付近でオジロワシを見つけた。
sPB270788ostR.jpg


拡大すると、翼に白い部分が見えるので亜成鳥かもしれない。
カモとかオジロワシのけっこう近くに降りてくる。
sPB270788ostRt.jpg


ここもあと1ヶ月少々で凍りついてしまい、ワカサギ釣りで賑わうようになる。
そうなると今度は、ワカサギ釣りのおこぼれを狙うワシが(少数だが)付近に現れる。
sPB270794ost.jpg


キムネアップ付近でオオワシを見つける。
林越しに撮ろうとすると小枝が多くて少し難儀だった。
対岸に見えるのは栄浦漁港。
sPB270815ostR.jpg


Posted at 00:00 | オオワシ | COM(2) |
2007.04.21

ワシのあくび

11月下旬。
朝から北浜に行き、いつも行く崖にオジロワシの若鳥を見つけた。
離れた位置に三脚を据えて、AT-X150にテレコンを使う。
ピントを合わせた途端、オジロワシが上を向く。
警戒して鳴くのかと思ったが、声が聞こえない。
あくび?
sPB250754ost.jpg


3分ほどして、横を向いたと思ったら飛び立った。
sPB250759ost.jpg


しかし鳥の翼は器用に折り畳まれているものだと、今更ながら感心する。
木の枝にも当たらないで飛んでいく。
(慌てた時はあちこち当たってる音が聞こえたりする。)
sPB250760ost.jpg


比較的低い高度で白鳥公園に向かうので、
こちらを嫌がって逃げたのではなく、
魚を獲りに行ったのかと思ったら
sPB250765ost.jpg


湖上に座ってる別のオジロワシを蹴りに行ったのだった。
sPB250772ost.jpg


蹴られた方はひと回り小さく見えた。
かなり若いようだが、今年生まれた鳥なのだろうか?
sPB250775ost.jpg
続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(2) |
2007.04.20

サロマのタンチョウ

11月下旬。
常呂経由で北見峠へ向かう途中、国道沿いでタンチョウを見かけた。
見た瞬間はハクチョウと思って通り過ぎるところだった。
sPB250452.jpg


とりあえず持っていたIR-500で撮ったのを無理やり拡大。
sPB250452t.jpg


数日後に装備整えて探しに行くと、国道沿いの畑で落穂拾いをしていた。
こちらの存在には気がついていて、カメラから少しずつ離れていく。
sPB270805ost.jpg


道道(のバス停)に車を停めて車内から撮る。手前の白いのは歩道の柵。
sPB270806ost.jpg


Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) |
2007.04.19

スズメのクラウチングスタート

11月下旬。
白鳥公園のオンコの木にはよくスズメがなっているが、
カモメやらヒヨドリやら人間やらを警戒して、
常に忙しく飛び回っている。
sPB230738ost_1.jpg


夕焼けのなかねぐらに帰ろうかという姿を狙っていると
ちっちゃいなりに前傾姿勢をとって格好いいw
sPB230740ost_1.jpg


シャッターを切るのが一瞬遅くて、ダッシュする姿を撮り損ねてしまった。
代わりに後ろから飛んできた別のスズメの残像が写っている。
sPB230741ost_1.jpg


オジロワシの若鳥がゆっくりと降下していく。
主翼に夕日が反射してとても綺麗に見える。
sPB230715ost_1R.jpg


拡大するとこんなふう。
sPB230715ost_1t.jpg


Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) |
2007.04.18

佇むアオサギ

11月下旬。
北浜でオジロワシの若鳥を撮っていると、
岩陰に移動されてしまった。
sPB230625ost_1.jpg


いい角度から撮れないかと歩いているうち、アオサギを見かける。
アオサギって声は悪いし、地蔵のように並んでいるというイメージがあって
あまり好きな方の被写体ではなかったりするが、
1羽だけで横向いてるならいいかと思って1枚撮っておく。
sPB230637ost.jpg


北浜から美幌峠までドライブして、ついでに砂湯まで足を延ばす。
砂湯では風が強くて、海かと思うなうな波しぶきだった。
sPB230688ost_1.jpg


夕方には再び北浜にいた。
初雪が降ったのにまだ4羽も残っていた。
sPB230726ost_1.jpg


Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) |
2007.04.17

騒ぐカモメの群れ

11月中旬。神の子池から北浜に戻る。
斜里岳が少し赤みを帯びてきた。
浅瀬にオジロワシが2羽座っていたので、
斜里岳と一緒に撮っていたら、1羽低空飛行に入った。
sPB190592ost_1.jpg


それまでゆっくり泳いでいたカモメたちが騒ぎだす。
もう1羽のオジロワシに目をやると、こちらも低空を飛んでいく。
sPB190593ost.jpg


低空でオジロワシに滑空されると、意外に見つけ難い。
あの大きな翼も真横から見ると厚みがないので
カモメの群れに紛れてしまう。
sPB190593ostT.jpg


白鳥公園で近所の子供らしい一団を2枚だけ(勝手に)撮らせてもらった。
ほとんど反射的に撮ったものなので、カモメの位置とかかなりテキトー。
sPB190618ost.jpg

肖像権(プライバシー権)に引っかかる場合は削除します。

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) |
2007.04.14

初冬の神の子池

11月中旬。
この時期になると午後1時でも風は冷たい。
神の子池では風がかなり弱くて、湖面が鏡のように樹を写していた。
時々、風と湧き水の変化に合わせて像がゆらぐ。
sPB190545ost.jpg


夏に茂っていた草や藻はかなり減っており、
秋の物悲しさを感じる時もある。
反面観光客が少なくて、ノンビリ写真を撮るのにはいいかもしれない。
sPB190568ost_1.jpg


帰りがけ、斜里岳を撮る。
近いぶん北浜から眺めるよりもコントラストがはっきりしている。
太陽が傾き始めて、影もくっきりしてきた。
sPB190587ost.jpg

日が短くなった。

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) |
2007.04.13

若鳥のタ゜ンタ゜ラ模様

11月中旬。神の子池に向かう途中、北浜に寄る。
崖の方に行くと、ワシのシルエットが2つ見える。
逆光で鮮明には見えないが、オジロワシの若鳥っぽい。
sPB190486ostR.jpg


3、4枚撮って引き上げようかと思ったら、1羽飛び立った。
かなり近くを飛でので不思議に思ったら、トビを追いかけていた。
近くで旋回されるとファインダーに捉えることすら難しい。
左目で追跡しつつ、右目でピン合わせ。1番いい位置のは失敗だった。
sPB190497ost.jpg


左旋回から右旋回へ切り返す。
はっきり視認することは出来ないが、
どうやらトビを追うのはやめたようだ。
sPB190504ost.jpg


旋回の角度や速度、風向きなどによって翼の形を変えていくので、
飛行中の姿は見ていて飽きない。
sPB190506ost.jpg


Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) |
2007.04.12

ハクチョウ一家の朝

11月中旬。遅く起きて朝ご飯抜きで女満別に向かう。
女満別湖畔で、朝食の食パンをかじっているとハクチョウが泳いできた。
親鳥が先頭になって、「シャー」とか「コォー」とか威嚇してくる。
野生動物に給餌するのはいけないことなのだが、
ハクチョウの脅しに屈してパンを渡してしまったw
この家族のおこぼれを狙って、カモメも接近してくる。
sPB190416ost.jpg


この家族と別に、1羽だけ離れて泳いでいるのがいた。
水上を漂うパンくずに寄って来たところ、この家族に追い払われていた。
sPB190448ost.jpg


まだ食パンが残っていたのでこの1羽に投げてみたら、
今度はトビが横取りに来た。猛禽なのにトビも食パン食べるのか?
sPB190453ost.jpg


陸上にこぼれていたパンくずをカラスが漁っていた。
よく見るとハクチョウの両親は子供達の外側にいることが多い。
sPB190466ost.jpg


Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) |
2007.04.11

ホオジロガモ泳ぐ

11月中旬。女満別でハクチョウを見てから、北浜へ行く。
今回はオオワシを確認できた。
sPB180369ost_1.jpg


カラスが付きまとっていて、とっととどっかに行ってしまった。
sPB180369ost_1T.jpg


観光客の投げるエサのおこぼれを狙って泳ぎ回るホオジロガモ。
ハクチョウが接近してくると焦って離れていくのが面白かった。
潜水が得意なので、1羽をマークするのは割と難しい。
sPB180394ost_1.jpg


Posted at 00:00 | オオワシ | COM(2) |
2007.04.10

初雪降る

11月中旬。遅めの初雪が降った。
美瑛にいた頃は、寒い年なら10月中旬に降っていたので、今回は遅く感じた。
sPB180324ost_1.jpg


女満別の駅の裏に行くと、ハクチョウの家族が休んでいた。
チミケップ湖に紅葉を見に行った日から何度か見かけているが、
その頃よりは人馴れしたようで、あんまり逃げなくなっていた。
こちらがエサを持っていなさそうだと気付いたら、逃げ腰になっていたが・・・。
sPB180330ost.jpg


カモメもいるのはハクチョウのエサのおこぼれ狙いだろうか?
ここではふだん給餌は行われていないのだが、
たまにパンを持ってやって来る人がいて、それを待っているのか?
sPB180339ost.jpg



Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(2) |
2007.04.07

美幌峠の雪

紅葉も完全に散ってしまい、景色は寒々としてきた。
曇り空のした、美幌峠までドライブしてみる。
道の駅の駐車場は雪で真っ白になっていた。
展望台まで歩いてみたが、雲が低くあまりいい画は撮れなかった。
sPB120798.jpg


夕方、北浜に行ってみたがオオワシは見つけられなかった。
sPB120321ost.jpg


中洲にオジロワシの若鳥2羽を見つける。
この時は湖に小魚の群れが上って来ていて、カモメやトビの群れが頻繁に飛行していた。
sPB120321ostT.jpg



sPB150806.jpg

なぜ体育館の床が写っているかというと、この頃に津波警報で避難したことがあったから。
単なる記録なので深い意味はない。

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) |
2007.04.06

オオワシ飛来

11月になった。白鳥公園の売店が営業を始めた。
半年振りにハクチョウのエサを買いに行くと、売店の人に
「オオワシ来てるよ」と教えられた。
少し遠いが、2羽発見。
sPB110304ost.jpg


片方はお腹が空いてるのか、のんびりと歩き回っていた。
拡大すると、2羽で何か会話しているようにも見える。
つがいだろうか?
sPB110304ostT.jpg


ハクチョウとかトビとか周囲を飛んでいるが意に介さず。
sPB110310ost_1.jpg


例のハクチョウが公園内に上陸してきた。
こいつが公園内への「上陸」とヒトから「手渡しで」エサを貰うことを
周りのハクチョウに覚えさせてしまうので、ある意味"問題児"と言える。
sPB110792.jpg


Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) |
2007.04.05

金色の馬

そろそろ10月も終わり。
濤沸湖にはハクチョウが続々と飛来している。
大半はここから更に南下していくが、留まるものも何百羽といる。
オジロワシと知り合いのものもいるのだろうか?
sPA280182ost.jpg


白鳥公園の子馬も生まれた頃に比べてひと回り大きくなった。
近所の人の話では、これ以上大きくならない品種だそうで、少し残念。
10月いっぱいで牧場に戻されるので、これが2006年では最後の1枚になる。
sPA280220ost.jpg


そろそろ引き上げようとした時、白鳥公園上空をアオサギの一団が通過した。
・・・と思ったらタンチョウの親子だった。
鷲鷹だったら「とりあえず撮っとく」となるが、その他の鳥だとどうもおざなりに対応してしまう。
sPA280223ost_1.jpg


この頃になると網走湖の水位は完全に平常に戻り、サケの遡上を間近で見られるようになった。
sPA280198ost.jpg


Posted at 00:00 | | COM(0) |
2007.04.04

チミケップ湖の紅葉

10月下旬。ハクチョウが気になったので、北浜に行ってみる。
まだ少し早かったようで、飛来数は少ない。
網走市内は晴れていたのに、北浜はどんよりしていた。
sPA220078ost_1.jpg


女満別湖畔に向かうが、こちらにもハクチョウはいなかった。
北浜から30kmも離れていないと思うが、こちらは綺麗な青空が見える。
sPA220106.jpg


まだまだ時間もあるのでチミケップ湖へ走る。
湖畔にはベンチも自販機もなく、道路は砂利道だが、それだけにゆっくりと紅葉を見ていられる。
sPA220135.jpg


北見方向へ向かう道路脇で見つけた木。
何故か印象的に見えたので、藪に下りて行って撮影。
sPA220159ost_1.jpg


Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) |
2007.04.03

緑肥と斜里岳

10月も下旬。北浜から女満別への近道、キカラシの花が咲いていたので立ち寄って何枚か撮ってみる。
シラカバと斜里岳の位置取りがキモだと思うが、ウネの角度も大事かな~と、イナカ道をウロウロする。
sPA210039ost.jpg


夕方に再度走ると、通り雨で少しだけ虹がかかった。
1分もかからず消えてしまった。
sPA210068.jpg
続きを読む

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(2) |
2007.04.01

暴風雨明け

10月の連休に降った大雨で、死傷者こそ出なかったものの、オホーツクの各地で大きな被害が出た。
網走では網走湖が大幅に増水し、周辺住民の一部が避難した。
降雨から1週間後の呼人浦キャンプ場はまだ水没していた。
sPA140001.jpg


濤沸湖の方はたいした被害はなかったように見えた。
片羽のハクチョウを探そうとしたら、渡りの先発隊が来ていて識別できなかった。
sPA140016ost.jpg


白鳥公園に戻ると、オジロワシの若鳥が群れていた。
若いのしか見えなかったので、多分全羽留鳥だろう。
sPA140023.jpg


久しぶりに飛行中のワシを撮る。
ハクチョウが来たので、海ワシも近いうちに渡ってくるだろう。
sPA140024ost.jpg
続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(2) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。