--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.07.31

共食い?

3月下旬。
能取岬から濤沸湖に向かって国道を走っていると、
藻琴の海岸に大きな影が見えた。
急停止しようかと思ったが、後続車がいるのでそのまま走行。
中央分離帯が切れたら即Uターン・・・と思っていたら
JR北浜駅まで行ってしまった。
やや早いペースで引き返すと、オオワシが海岸に座っていた。

運転席から助手席のガラス越しに撮っているので、
ちょっと色が変わっている。白いのは歩道のフェンス。
sP3211908.jpg

カラスは毎度のこととして、
オオワシの食べているのは何だろう?
sP3211909.jpg

あのサイズの黒い羽ってオオワシ以外思い当たらないが、
国道に路駐して砂浜に下りる度胸は無かったので、
現物を確認はしなかった。

フェンスが邪魔なので車外に出た途端、
オオワシも退避してしまった。
sP3211910.jpg


無くなりかけている流氷の上を滑空していく。
sP3211916.jpg


そんなに遠くない位置に降りた。
邪魔者がいなくなったら、ご馳走のところに戻る気なんだろう。
sP3211919.jpg


いつの間にかやってきていたオジロワシ。
sP3211924.jpg



スポンサーサイト

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2007.07.30

キタキツネを追うオオワシ

3月下旬。
平和橋に行くと、対岸付近にワシのほかに
キタキツネとおぼしき影が見えた。
焦って車のトランクから三脚を出して、
E-500&AT-X150&Kenkoテレプラスx2を構える。
夕方に開放F11でMFはちょっと厳しいが、
何とかピントを合わせていると、オオワシが動いた。
sP3211428R.jpg

これから下の4枚はトリミングした写真。

翼を大きく広げてキタキツネを威嚇するオオワシ。
キツネも後ずさりしている。
sP3211428Rt.jpg


キタキツネは(こちらから見て)左の方に逃げるが、
オオワシは低空飛行で追いかける。
sP3211440Rt.jpg


走って逃げるキツネと、低空飛行で追うオオワシ。
sP3211441Rt.jpg

去年オジロワシがキタキツネを威嚇した時は、
こんなに追い掛け回していなかったけど、
あのオジロワシがさっぱりした性格だったのか、
それともこのオオワシがしつこい性格だったのか、
少し考えてしまう。

一時休戦。
いつの間にかカラスが来ていた。
sP3211444Rt.jpg


キツネは退散する。
オオワシはのそのそとカラスに向かって歩き出す。
このオオワシ機嫌が悪かったのか?
sP3211447.jpg


オオワシが近づいてきたので、
カラスは場所を変えてキツネのそばに降りた。
sP3211452Rt.jpg

キツネが何か食べこぼしていないか
探しているようにも見えた。
単にからかう相手をキツネに変えただけかもしれないが。


Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2007.07.29

つがいx2

3月下旬。
平和橋に行くと、オオワシのつがいがまたいた。
正確には、平和橋から浦士別方向に400mくらい歩いた場所だが、
近くで氷下漁が行われているので、その雑端狙いなのだろう。
sP3211824.jpg

青空バックはやはり綺麗だ。

北浜に行くと、タンチョウのつがいを見ることが出来た。
sP3211376.jpg

まだ雪だらけというのに、何を食べているのか気になる。
sP3211835.jpg


JR浜小清水駅付近の海岸には、流氷が接岸していた。
3,4年前だったか、4月中旬まで流氷が漂っていて、
フェーン現象で一気に融けたことがあったけれど、
今年はかなり早く消えた。
sP3211406.jpg


中園から女満別へ向かう途中の風景。
融雪剤が早くも撒かれていた。
sP3211411_1.jpg


呼人浦のワカサギ釣り会場。
記録的な暖冬だった割には、ワカサギ釣りの期間は
さほど短くならなかったように思えた。
(途中降雨で中止になったのは少し驚いたが。)
sP3211414.jpg


美岬トンネルに行くとワシはほとんど見えなかったが
エゾシカの群れがいた。
歩いて近づいていくと、ゆっくりと退散した。
sP3211417.jpg

美瑛に住んでいた頃は、毎年秋になると
シカ漁のお裾分けを貰っていたけど、
シカ肉って美味しかったという記憶が薄い。

続きを読む

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2007.07.28

赤いハクチョウ

3月中旬。
北浜白鳥公園で久しぶりにハクチョウを流し撮りしてみる。
右から飛んできたハクチョウを親指AF+MFで追いかける。
スピードは鳥にしては遅い方なので、結構撮り易い相手だ。
(だからと言って、いい写真が簡単に撮れるとは限らない。)
sP3171784R.jpg

脚を下げて、着水態勢になる直前。
sP3171785R.jpg

もう少し短めのレンズ使って、ハクチョウが集団で
着水する瞬間を撮るのも面白いかもしれない。

公園内の芝生に血まみれのハクチョウがいた。
一瞬、カモメに突付かれたのかと思ったが平然としており、
どうやらカモメ同士で突付き合った時の返り血が着いたらしい。
sP3171791.jpg

このあと売店の正面に歩いて行き、
観光客を驚かせながらもパンをねだっていた。
続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2007.07.27

北浜のキタキツネ

3月中旬。
濤沸湖の氷もかなり薄くなってきたようで、
北浜白鳥公園のあたりはかなり水面が広くなった。
このあたりは河口が近いぶん潮汐の影響も大きいが。

白鳥公園の近くにオオワシのつがいが来ていた。
北上する途中に一服しているところか?
sP3171766.jpg

オオワシ飛来の2羽が羅臼から戻ってきたところだったりして。

公園の正面方向にはアオサギが来ていた。
sP3171773R.jpg


少しするとキタキツネが来た。
氷が解けると歩ける場所が少なくなる反面、
エサにありつける機会も徐々に増えてくる。
sP3171775.jpg


先ほどアオサギのいた場所にやって来たキツネ。
のんびり歩いてくる間に少しだけ天気が良くなっていた。
sP3171796.jpg

流石に泳いだりはしなかった。
続きを読む

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2007.07.26

Kenko_x2.0

3月中旬。この日はテレコンバーターを試しに持ち出した。
中古で手に入れたそれは、もともと価格が低めなうえ
箱に「200mmまで」と書かれていたので期待してはいなかったが、
面白そうなのでAT-X150と組み合わせて三脚に据えられた。
カメラはE-500。

平和橋の駐車帯から、対岸にいるオオワシを撮ってみる。
sP3171329_500R.jpg

期待したほど大きくは写らなかったものの、割とちゃんと写っていた。

近くの木にいたオオワシを撮る。
sP3171331_500.jpg

E-500の割には空の色が薄めになる。

同じ位置からE-1&ED300mm&EC-14で撮るとこんなふう(手持ち)
sP3171741.jpg


オジロワシの若鳥も撮ってみる。
sP3171336_500.jpg

2段くらい絞った方が気持ち画質が良くなる。

北浜白鳥公園付近で見たオオワシ。
ちょっと変わったポーズをしていた。
sP3171353_500R.jpg

続きを読む

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2007.07.25

翼形2

3月中旬。
網走湖上のワシを撮っていると、時々頭上を通過していくワシがいる。

ワカサギを掴んでいるオオワシ。
sP3111707_1.jpg

主翼の平面形がスーパーマリン・スピットファィアぽく見える。

続いてオジロワシ。
直線翼でフェアチャイルドA-10Aを思い出す。
sP3111712_1.jpg

旋回しつつ、デルタ翼ぎみになっていく。
sP3111714_1.jpg

続きを読む

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2007.07.23

三眺の氷下漁とワシ(後)

3月中旬。三眺の国道からワシ達を撮っていると、
右前方でオジロワシが追いかけっこをしているのが見えた。
こういう時だとワシはかなり速くて、捉えるのに少し手間取る。
sP3111693.jpg


上昇して振り切ろうとするが。
sP3111695.jpg


成鳥同士差がつくはずもない。
sP3111696.jpg


逃げるワシと追いすがるワシ。
sP3111698.jpg


こちらに戻ってくる2羽。
sP3111700_1.jpg


目前で旋回して森の陰に飛んでいってしまった。
sP3111702_1.jpg

ちょっとだけ結果が気になった。
続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2007.07.22

三眺の氷下漁とワシ(前)

3月中旬。この日は朝から小雨が降っていた。
平和橋に行くと、オオワシのつがいがまた並んでとまっていた。
sP3111645.jpg

夏と違って体が濡れると後々厳しいのですぐ退散させてもらった。

三眺に着く頃には雨は止んできた。
湖上にはワシの姿がちらちら見えたので、
後続車の邪魔にならないようにしながら、
路肩にそろそろと車をのり上げる。
あまり左に寄せると路肩にはまるので少々怖いものがある。
sP3111664R.jpg


世間一般には天然記念物と言われている鳥たちが、
氷下漁の雑っ端をめぐって騒いでいた。
カラスとトビはそれ以上に多いが。
sP3111686R.jpg


ワカサギを掴んだオオワシ若鳥が頭上を飛んでいった。
sP3111656.jpg


漁師が置いていった雑っ端の周囲にはトビがかたまっていた。
sP3111706_1R.jpg

トビが密集していて何がなんやら。
続きを読む

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2007.07.21

片翼のハクチョウ

3月中旬。
平和橋に行くと、雨が降ったせいもあり氷が薄くなっているように見えた。
sP3101055m.jpg


小清水原生花園展望牧舎の方にオオワシが座っていた。
(実際には望遠レンズの圧縮効果で距離感が弱くなっているので、
展望牧舎から見てもワシは遠くにいる。)
sP3101614.jpg


北浜に行くと、例のハクチョウが
またフェンスを越えて観光客のそばまで来ていた。
sP3101058m.jpg

余ったパンくずをカモに投げたら、一緒になって食べていた。

満腹になったので湖上に戻っていくハクチョウ。
sP3101631.jpg

でも湖上だともっとガタイのでかいハクチョウに
苛められたりすることもあるので、
公園内に入るのはこいつなりの処世術と言えなくもない。
続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2007.07.20

美幌峠の犬~テツ~(最終回)

本当はこのわんこの写真は時々少しずつアップする予定だったが、
諸般の事情により一気にアップする。

4月下旬に会った時の写真。
土の出てきた場所でひと休みするテツ。
sP4222945.jpg

外輪山をバックに佇むテツ。
sP4222950.jpg

ポートレート風に。
sP4283052_1.jpg
 (格好良いけどこのわんこはメスですw)

5月中旬に会った時の写真。
石碑を風除けにして犬用ガムを噛むテツ。
この時の外気温は5℃を切っていてかつ強風。
展望台からは雲の出来るのがはっきり見えた。
sP5123294_02.jpg

犬用ガムを眺めて怪訝な表情。
残りの半分は展望台に埋めていた。
sP5123298_06.jpg
あんまり美味しくない・・・

6月上旬に会った時の写真。
駐車場から展望台までお供してくれてるところ。
階段も温まっていて、少し暑がっている様子。
sP6024528_2.jpg

岩のくぼみに貯まった雨水で喉の渇きをいやすテツ。
観光客には「カメラに合わせてポーズをとる犬」に
見えたようで感心されていた。
sP6024532_1.jpg

レストハウス前の芝生でお別れ。
sP6024537_1.jpg
結構知り合いが多いようで、誰か彼かお土産を持ってきていた。

続きを読む

Posted at 00:00 | | COM(4) | TB(3) |
2007.07.19

オジロワシ飛ぶ

3月上旬。
鱒浦の海岸近くにやや大きめの流氷が流れて来ていた。
sP3041568R.jpg

周りのカモメと見比べると水上に出ている部分だけで
小型乗用車よりも大きいくらいか。

三眺の国道沿いで見たオジロワシ若鳥。
sP3041522_1.jpg

隣のトビと見比べるにはいい写真。

北浜の崖の方にオジロワシが飛んでいったのが見えたので、
歩いていくと2羽いるのがわかった。
完全に逆光なので12コマ撮って帰ろう
と思ったそばから、2羽揃って飛び立った。
sP3041556_2.jpg


図体の大きい成鳥にカメラが向く。
sP3041557_2.jpg


飛び始めは降下速度が一定ではないため、
フレームアウトしないようにするだけで精一杯。
sP3041558_2.jpg

続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2007.07.18

再び冬の風景へ

リアルタイムでは海開きの時期なのだが、
初めて観る人の違和感などそっちのけで
冬の網走の風景をアップさせてもらいます。

3月上旬。
平和橋に行くと、オオワシのつがいが樹上にいた。
車で一気に真下を通過して、警戒されるギリギリの距離
(だと思った場所)から3枚ほど撮ってすぐ退散した。
sP3041470.jpg

奥の方がやや大きく見える。

北浜白鳥公園に行くと、今日もキタキツネとオジロワシが睨み合いをしていた。
遠いので観光客で気が付いている人はいなさそうだった。
sP3041542.jpg


少しして、別のオジロワシが上空を通過して、
座ってたカモやらカモメやら大騒ぎだった。
sP3041546.jpg


いつの間にか、観光客の目前にやって来たハクチョウ。
sP3041048m.jpg

飛べないけれど、なかなか知恵が回るようで、
a.フェンスのない急勾配をよじ登る
b.駐車場に車の少ない時を見計らって、柵のスキマから侵入
c.船着場側のスロープから公園内を横断
d.積雪の少ない部分のフェンスを首で持ち上げて侵入
などの方法で観光客に近づいていた。

1週間後には真似するハクチョウが続々と…。
続きを読む

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2007.07.16

ラリー北海道2007(最終回)

シノチアキ2の写真が多いので、こちらにもアップ。

CarNo.70 鎌田x2コンビ
sP7086415_1.jpg
CarNo.88 

小倉・平山コンビ
sP7086473_4.jpg

スイーパーが通過して、SS13は終了。
0カーとスイーパーは完走が絶対条件なんだけど、
その割には攻めてたような気がした(いつものこと?)
sP7086499_1.jpg

競技車両が何十台と通過して、林道は深くえぐられていた。
トルクが市販車レベルのGr.Nなのでこの程度で済んでいるけど、
WRCのワークスマシンだと1メートル近くえぐられるらしい。
sP7081391m.jpg

再び本別町へ走る。
本別公園にて、SS16から音更サービスパークに帰るラリーカーを撮る。
CarNo.5 サンガー・モーマッドコンビ
sF7085883_1.jpg


CarNo.13 高橋・池田コンビ
sF7085892_1.jpg


CarNo.28 鴇田・原田コンビ
sF7085899_1.jpg


CarNo.31 川村・中村コンビ
sF7085904_1.jpg


CarNo.71 飯泉・森コンビ
sP7086507_1.jpg


CarNo.70 鎌田x2コンビ
sP7086513_1.jpg

続きを読む

2007.07.15

ラリー北海道2007(その5)

音更でリエゾンを撮った後、
陸別サーキット配信のアイテナリーと
ラリー北海道の公式ルートマップを参考に、本別町へ移動。

太陽の位置とバックの風景を考えたら、
おかめ堂周辺で撮ってみたくなった。
のぼりが写るとなんだかなー、と思ったが、
ちょっと札幌時計台風のも見えることだし、
11時までAPRC勢を撮り続けた。

CarNo.8 池町・ポンサミーコンビ
sF7085839_1.jpg


CarNo.9 新井・マクニールコンビ
sF7085841_1.jpg

ナビのグレン・マクニールは
以前SWRTでクリス・アトキンソンとコンビを組んでいた人。

CarNo.18 馬場・女屋コンビ
sF7085853_1.jpg


CarNo.30 加藤・和泉コンビ
sF7085873_1.jpg

CarNo.33のイグニスを待ったがなかなか来ない。
携帯でラリー北海道の公式サイトチェックしたら、
リタイアしていてがっかり。

この後、SS13を観るのに音更に移動したのだが、
昼ゴハンを本別で買い忘れて池田に寄り道したり、
近い方の駐車場が満車になってたりで、大幅にタイムロス。
sF7085878_1.jpg

遅刻したかわり、00カーとすれ違った。
直線区間で出会ったので、急停車して何とか
すれ違う寸前にシャッターを切ることが出来た。
(E-500に14-54mm着けっ放しにしてたり、前後に車がいなかったり、
窓全開にしてのんびり走ってたせいでもある。)
続きを読む

2007.07.14

ラリー北海道2007(その4)

道の駅しほろ温泉の駐車場で車中泊。
寒さで目が覚めたのは午前5時だった。
キャンプツーリングの時だと寝直すところだが、
SS9がAM6:45スタートなので、行動を開始する。
士幌でもジャガイモの花が咲き始めていた。
sF7085710_3.jpg

ギャラリーステージに向かう最後の交差点を曲がった時、
前方に太陽、左手に小麦畑があった。
突然気が変わって、駐車可能な場所を探す。
シノチアキは午後だけ観ることにした。

三脚やらセッティングしていると00カーが通過した。
いよいよラリー北海道のLEG2が始まった。
SS9のスタートまであと1時間。
sF7085714_1.jpg


ED300mmもこれだけ離れてF8まで絞っておけば
かなり深度が深くなる。
競技車両も一般車両よりやや遅いくらいの速度で
走って来るので、(SS5と違い)ノンビリと撮影できた。
sP7086210_1.jpg


CarNo.13 高橋・池田コンビ
sF7085753_1.jpg


CarNo.32 平山・ケンタローコンビ
sF7085776_1.jpg


CarNo.33 大蔵・大滝コンビ
sF7085783_1.jpg


CarNo.72 原口・山北コンビと
CarNo.70 鎌田x2コンビと
CarNo.64 大庭・高橋コンビが揃って移動中
sP7086237_1.jpg


で、真ん中の1台を撮る。
sF7085809_1.jpg


CarNo.85 田中・遠山コンビ
sF7085820_1.jpg

8時半頃スイーパーを確認、次の地点へ向かった。
続きを読む

2007.07.13

ラリー北海道2007(その3)

リクベツ2が終わり、音更サービスパークへ向かう。
競技から帰って来て整備を受けるラリーカーを見ることができる。
sP7076130_1.jpg


陸別から2時間きっかりで音更に着くと、夕焼けの時間だった。
sP7076138_1.jpg


すっかり暗くなってから帰って来たカマキョウ号
ファンとTV局の取材スタッフが迎える。
sP7076150_3.jpg


アクティブデフが故障し、整備待ちのカマキョウ号
sP7076156_3.jpg


サービスパーク内では奴田原選手がファンにサインをしていた。
sP7076159_3.jpg


CarNo.32の平山・ケンタローコンビが乗るシビック
sP7076162_3.jpg

続きを読む

2007.07.12

ラリー北海道2007(その2)

SS5、リクベツ2にて。

わざわざED300mmを持って行ったのはこのため。
CarNo.71 飯泉・森コンビがジャンプするところ。
sF7075645_1.jpg

すぐにカメラを持ち替えて、
右コーナーにドリフトしながら進入するところを撮る。
sP7076060_3.jpg

うまくタイミングが合えば、1エリアで2度美味しい・・・
ハズなのだが、理論と実践の差は大きい(苦笑)
ジャンプは焦ってシャッター早く切りすぎてしまうし、
流し撮りでは最接近時にフロントバンパーか
リヤウイングのどちらかが切れてしまう。

CarNo.2 田口・ステイシーコンビ
sP7075881_1.jpg


CarNo.4 柳澤・美細津コンビ
sP7075892_1.jpg


CarNo.8 池町・ポンサミーコンビ
sF7075616_1.jpg

タイミング遅かったんだけど、割と好きな写真。

CarNo.21 番場・キービルコンビ
sP7075953_1.jpg

ドリフトアングル深過ぎなようでいて速い。

CarNo.33 大蔵・大滝コンビ
sF7075636_1.jpg

TeamFOXのイグニスは遅い(失礼!)と
ばかり思っていたら、かなり跳んでいます。

CarNo.61 勝田・北田コンビ
sF7075638_1.jpg


CarNo.85 田中・遠山コンビ
sF7075654_1.jpg

続きを読む

2007.07.11

ラリー北海道2007(その1)

当ブログは「時系列でアップする」のが基本だが、
ラリーに限っては時間を置くのもまずいので
例外的に早めにアップしてしまう。

LEG1はリクベツ1から観戦。
朝6:50の受付前。
sP7071371m.jpg

行列がはけた頃、のんびりとDエリアへ向かう。

CarNo.13 高橋・池田コンビ
sP7075667_1.jpg

路面にはまだ水分が多くて、砂埃がちっとも立たない。

CarNo.23 今井・神作コンビ
シックなカラーリングは割と好み。
sP7075707_1.jpg


CarNo.28 鴇田・原田コンビ
今回はホンダ車が目立った気がした。
sP7075729_1.jpg


CarNo.65 炭山・松井コンビ
APRC勢を食う走り!
sP7075772_1.jpg


CarNo.66 奴田原・小田切コンビ
相変わらず速い。
sP7075775_1.jpg


CarNo.70 鎌田x2コンビ
ついこないだまで自走できなかった車とは思えない走り。
sP7075795_1.jpg

ス-パ-タ-マックの時と色が違う。
続きを読む

2007.07.10

浦士別で見かけたキツネ

3月上旬。美幌から平和橋に向かう途中、
前方300mの路上にキタキツネを2匹見つけた。
こちらに気がついたキツネは分かれて畑に逃げていった。
林の方に逃げながら、こちらを振り返るキツネ。
sP3031430.jpg


藪まで行ってから、またこちらを見ていた。
sP3031433R.jpg


平和橋に着くと、オジロワシの若いのが
ハクチョウの隣で魚を獲っていた。
氷下漁のおこぼれ狙いなのか、
完全に自力で獲っているのかは判別できなかった。
sP3031439.jpg


こちらは北浜のスズメたち。
sP3031447.jpg

続きを読む

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2007.07.07

美幌ICそばの防風林で

3月上旬。
女満別湖畔キャンプ場に行くと、意外にもオオワシが居た。
去年はこの時期は見かけなかったので、少し驚いた。
オジロワシもオオワシもこの木が気に入っているようだ。
sP3031415_1.jpg


カラスとセットで構図を考えるけど、
どの位置に行っても小枝がかぶる。
かといって前進するとワシが嫌がって逃げるのでガマンだ。
sP3031417.jpg


治水橋を渡る途中、オオワシの若鳥を見つけた。
sP3031419.jpg


流氷の接岸から美幌IC周辺ではあまりワシの姿を
見かけなくなってきていたものの、念のため確認に行く。
なんと国道沿いの防風林にオジロワシがとまっていた。
sP3031422.jpg


国道わきに停車。車外に出て恐る恐るレンズを向けるが、
警戒している様子はない・・・ように見えた。
でもシャッターを切った途端なんか機嫌が悪くなった

ように見えた・・・と思ったら、飛び始めていた。
sP3031423_1R.jpg


近過ぎたもんで翼端も脚も切れてしまって勿体無いことをした。
sP3031424_1R.jpg

これにめげず来期はつがいで居座っていてほしい。
(単なるワガママです。)


Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2007.07.06

弓なりなオジロワシ

3月上旬。
鱒浦の海岸からおーろら号を撮る。
この時、写真にはおさめられなかったが、
数頭のアザラシが呼吸していた。
すぐに潜水したので何頭いたのかも分からなかった。
sP3031365R.jpg


小清水原生花園で、国道わきの電柱にオジロワシを見つけた。
迷ったが、道路が完全に乾燥していたのでハザード点けて停車する。
車外に出たら逃げると思いながらも、のろのろとカメラ担いで歩道に立つ。
sP3031374_1.jpg


一旦広げかけた翼を畳んだかと思いきや、
sP3031376_1.jpg


オジロワシは飛び立った。
sP3031378_1.jpg


でもすぐ隣の電柱に降りた。
で、今度はカラス達がやって来て困ってる様子だった。
sP3031386_1.jpg

続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2007.07.05

平和橋から美岬へ(後)

2月下旬。二見ヶ岡から美岬経由で能取岬へ向かう。
能取湖の河口近くまで来た時、上空に何か影が見えた。
レンズを向けると、ワシ達が滑空していた。
ほぼ真上を飛んで行くオジロワシ。
sP2251296R.jpg


オオワシもいたけど、心なしかこちらを避けて跳んでいた。
sP2251299.jpg


美岬トンネルそばの駐車場で見かけたオオワシのコンビ。
焦ってピントずらしてしまったので、トリミングは無理。
sP2251310_1.jpg


そして三たび平和橋へ。
ワシ達のお気に入りの木で、オジロワシのつがいと
オオワシが休んでいた。
sP2251317.jpg

まず順光側から恐る恐る撮って、車ですばやく移動。
(この木の真下が道路だが、ゆっくり走ると逆に警戒される。)

逆光で撮っていると、トンビもやって来た。
sP2251320.jpg


帰宅する前に、三眺から藻琴山を撮ってみる。
湖上は日陰になっているので、F4.0開放ISO400手持ち
ソフトでノイズ除去しているので甘く感じる。
sP2251337_1R.jpg

車外温度計は-5℃だったけど、その割には寒かった。
続きを読む

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2007.07.04

平和橋から美岬へ(前)

2月下旬。朝一で平和橋まで行ってアカゲラを撮った後。
北浜まで戻ってハクチョウやらカモやらにエサを蒔く。
ホオジロガモが珍しくパンくずに向かって突進していた。
sP2251245_1.jpg

潜水が得意なので、目で追うだけでも大変な鳥だ。

もう一度平和橋に行くと、コゲラに遭った。
sP2251251.jpg


振り返るとオジロワシの若鳥が通過していった。
ぼんやりしていて一瞬トビと見間違えた。
sP2251255R.jpg


昼食後、三眺へ向かう。
国道沿いの森にオオワシが休んでいるのが見えたものの、
路肩に停める場所が無かったので、
二見ヶ岡のパーキングエリアに駐車して歩く。
500mくらい歩いたところで枝の向こうにオオワシを発見。
MFでそろそろとピントを合わせて、F8まで絞る。
手ブレしないかと少し不安になる。
sP2251282.jpg

ある映画の「窓越しに撃つとはあまりフェアではないな」
という台詞を何故だか思い出す。
この状態を枝越しといっていいのか微妙だが。

これだけ枝だらけな写真撮ってもなー
と思った矢先、オオワシが動いた。
やっぱり猛禽は感覚が鋭い(と言うか、人間が鈍いのだが。)
sP2251283.jpg


主翼で小枝を弾きながら飛んで行く。
sP2251287R.jpg


200m先の大木のてっぺんまで飛んでいったのを見届けて
パーキングエリアに引き返した。
sP2251290.jpg

続きを読む

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2007.07.03

裏トウフツの氷ゆるむ

2月下旬。
平和橋からは遠いが、上流側に少しだけ水面が現れてきた。
これからしばらく魚目当てのワシ達が集まってくる。

仲良く(?)座るオオワシのつがい。
sP2241180R.jpg


オオワシとカラス。
sP2251220R.jpg


拡大してみる。
sP2251220Rt.jpg


こちらは左がオオワシで、右がキタキツネ。
sP2251295R.jpg

色が悪いのはE-500に着けたレンズがAT-X150で、
標準装備のフードが短かったためだと思う。

平和橋付近を歩いていると、近くにアカゲラが2羽やって来た。
縄張り争いのようにも見えたが、
単につがいがイチャついていただけかもしれない。
sP2251222.jpg

続きを読む

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2007.07.02

オオワシ飛ぶ(北浜にて)

現実の時間では既に7月というのに、当Blogはまだまだ真冬。
だが桜の写真をアップまで250枚はストックがある。
"使える"のは10枚無いとはいえ、先は長い・・・。

2月下旬。
北浜に行くと、いつもの崖にいたのはオオワシだった。
頭に枝が被さらない位置まで歩いていくと、
オオワシがこちらを向いた。
sP2241163R.jpg


「これは飛んでくな」と思いながらシャッターを切る。
かがみながら翼を伸ばし始めるオオワシ。
sP2241166R.jpg


枝を蹴るオオワシ。
sP2241167R.jpg


滑空開始。
sP2241168R.jpg

この後は、ファインダーからはみ出したり、
ピント合わせなおそうとして失敗したりしたので割愛。

夕方に平和橋付近に行くと、オオワシのつがいみたいのが居た。
氷下漁目当てに集まっていただけで、
つがいではなかったのかもしれないが・・・。
sP2241199.jpg

続きを読む

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。