--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.11.30

一脚で撮る夕刻の馬

8月下旬。この頃から日没が速くなるのがはっきりと判る。
そろそろ平日の夕方にオジロワシを探すのも難しくなってくる。
北浜に行くと、白鳥公園の方から南へ向かってオジロワシの若鳥が飛んでいった。
一脚で支えながら、ED300mmでオジロワシを撮る。
sP8217546_3.jpg

拡大すると、少しピントが甘いうえにブレている。
sP8217546_3t.jpg

藻琴山とオジロワシ。
sP8217551_2.jpg




続きを読む
スポンサーサイト

Posted at 00:00 | | COM(0) | TB(0) |
2007.11.29

おこっぺアイス

8月中旬。久しぶりにOM-4を持ち出す。
オホーツク海を北上し、まずサロマ湖へ。
キムネアップのサンゴ草は赤くなり始めていた。
μ720swで獲ったもの。
sP8191624m.jpg

OM-4でも撮る。
sP8199000.jpg

滝上公園に寄り道。
ここも初夏は花でいっぱいになる。
sP8191626m.jpg

滝上公園のレストハウス。
パークゴルフの道具を貸し出している。
キャンプ場は狭かった。
sP8199001.jpg




続きを読む

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2007.11.28

久しぶりにオジロワシのつがい

8月中旬。
清里から帰る途中、北浜に寄るとオジロワシがつがいでいた。
sP8187516_2.jpg

上の写真をトリミング。
白い尾羽が目立つ。
sP8187516_2t.jpg

連れのすぐ隣に降りるオジロワシ。
主翼が連れの頭に当たるんじゃないかと気になる。
sP8187518_2.jpg




続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2007.11.27

女満別のヒマワリ(後)

8月下旬。午後から女満別空港のヒマワリ畑へ行く。
E-500に11-22mm、E-1にED35-100mmとFL-36を着けて、
更にμ720swとC-745uzまで持ってきていたので、
どんな風に撮ったらいいか考えているところに飛行機が降りて来た。
少し焦りながらE-1を構える。
sP8187452_2_20071122232345.jpg
もっと長いレンズで地面に伏せて撮ったら面白かったかもしれない(技量が要るけど。)

狙ってないけど真正面にヒマワリの花があった。
sP8187455_2.jpg

わずかに見える青空をバックに取りたかったので、
ヒマワリを見上げるように1枚。
sP8187472_1.jpg



続きを読む

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2007.11.26

女満別のヒマワリ(前)

8月中旬。陽が高くなってから北浜へ向かう。
いつもの馬たちは人参を食べているところだった。
夢中で食べている子馬。
sP8181608m.jpg

薄曇りの旭が丘展望台へ。
sP8186225_1.jpg

向こうの小麦畑では大型コンバインが2台で刈り取りをしていた。
sP8186226_1.jpg



続きを読む

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2007.11.24

お盆時期のトウフツ湖(後)

8月中旬。濤沸湖平和橋にて。
カモメが一斉に飛んだので上空を見回すとオジロワシが飛んで来ていた。
sP8187414_2.jpg
主翼がややボサボサなので若鳥だろう。

拡大すると胴体がマダラ模様で、まだ若いのが判る。
sP8187414_2t.jpg

上空でターンして、林に降りて行った。
sP8187418_2.jpg


続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2007.11.23

お盆時期のトウフツ湖(前)

8月中旬。
濤沸湖の南岸に行くと、よく見る白鳥が水草を食べていた。
sP8187385_2.jpg

平和橋に行くと、オジロワシが上空を通過していった。
sP8187388_2.jpg

オジロワシが一瞬こちらを向いた。
sP8187389_3.jpg


続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2007.11.22

C-745 UltrZoom

8月中旬。オリンパスC-745UZを中古で買った。
とりたてて必要でもないが、あんまり安かったので衝動買い。
早速E-1と一緒に外に持ち出す。
北浜でセキレイを撮る。
380mm相当だとちょっと足りないか?
sP8180136c.jpg

次にカモメ。
sP8180138c.jpg
カモメは警戒心が薄いのでラクだw

女満別の旭が丘で牧草ロールを撮る。
sP8180153c.jpg
E-1に比べると発色が少しあっさり目に感じる。

続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2007.11.21

お盆にオジロワシ

8月中旬。この日の平和橋はやけにオジロワシが多かった。
お盆で親類縁者が集まっているとか?(そんなハズはない。)
sP8117326_2.jpg

先ほど魚を獲ろうとしていたのとは別のオジロワシ。(こちらは成長)
sP8117315_1.jpg

平和橋の北側を飛んで行くオジロワシ。
sP8117318_1.jpg
続きを読む

Posted at 00:50 | 未分類 | COM(2) | TB(0) |
2007.11.20

オジロワシの夏の狩り(後)

8月中旬。昼ご飯の後、再び平和橋に行く。
やや霞んでいる斜里岳とオジロワシ。
sP8117287_2.jpg

のんびりと湖を眺めていると、オジロワシがまた降下して来た。
さっきの若鳥と同じかどうかは知らないが、
1日に2度もオジロワシの狩りを見られるのは幸運なことだと思う。
sP8117294_1.jpg
(夜明けから日没まで平和橋に張り付いてれば見られそうな気もするが、そんな忍耐力はないw)

脚を下げて、多分爪を立てていると思う。
sP8117296_1.jpg

続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2007.11.19

オジロワシの夏の狩り(前)

8月中旬。平和橋に行くと欄干にユリカモメがすずなりになっていた。
赤い足が印象的なのはいいのだが、欄干付近の歩道は大変なことになっている。
sP8117205_1.jpg
あんまり歩道は歩きたくない。

角度を変えるとこんなふう。
sP8117207_2.jpg

少しするとオジロワシが飛んで来た。
猛禽が接近するとカモメが騒ぐので、大変探しやすい。
sP8117235_1.jpg

裏濤沸の湖上で高度を下げ始めたオジロワシ。
sP8117248_4.jpg


続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2007.11.18

弟子屈のわんこ~テツ~

割りこみで最近の話。
お昼近くなってから北浜に行ったら、オジロワシの若鳥がじゃれていた。sPB172419_5.jpg
成鳥は藻琴湖の方で鮭とか狙っていると思う。

拡大するとこんなふう。
sPB172419_5t.jpg
去年の今頃も若鳥同士でじゃれていたような気がする。

北浜白鳥公園では、柵の不備なところを通り抜けてハクチョウが公園内を歩き回っていた。
やはり食い物がかかっていると鳥でも知恵がまわるものだ(野生の動物にとっては命に直結しているので当然か。)
sPB172431_1.jpg

午後から弟子屈までドライブ。
以前美幌峠に居たわんこのテツが、
今は弟子屈町役場の近所にある「たこまつ屋」で飼われている。
ちなみにたこ焼は350円。年中無休。
sPB172446_2.jpg
営業時間は12:00~22:00くらい



続きを読む

Posted at 00:00 | | COM(2) | TB(0) |
2007.11.17

北竜のヒマワリ畑

8月上旬。
前日千歳基地祭が終わったあと、洞爺湖でキャンプしたのだが、
朝起きると砂浜の方がなんかにぎやか。
カメラ片手に様子を見に行くと、コブハクチョウの親子がいた。
sP8061558m.jpg

灰色の子供は観光客の持っている食べ物に興味シンシンだが、
真っ白な親鳥のほうは警戒心剥きだして威嚇してくる。
sP8061560m.jpg

最初は威嚇だけで済んでいたが、写真撮ろうと接近したら猛烈に噛まれた。
牙とか無いから何ともないけど、砂だらけの口でかじられると少し痛い。
sP8061561m.jpg



続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2007.11.16

ハイタカ

7月下旬。清里から網走に戻ってきて、中園付近から知床方向を写す。
sP7296655_2.jpg
あまりまとまりがない。

そしてよく立ち寄る斜里岳と白樺の見える畑。
遠くが曇っていたので、白樺メインで撮る。
sP7296661_1.jpg

同じ場所から斜め後ろを向くと、秋蒔小麦がいい色になってきていた。
以前18-125mmで撮った時に比べると、小麦の色がかなり変化している。
sP7296665_2.jpg


続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2007.11.15

さくらの滝

7月下旬。確か雨があがって今後の天候が不安だったので車で出かけた。
濤沸湖のやや遠いところにオジロワシが座っていた。
sP7296601_1.jpg

すぐ近くにセキレイが降りて来た。
色が薄かったので1枚撮っておく。
sP7296606_1.jpg
多分若鳥だろう。

セキレイのアップ。
sP7296606_1t.jpg

湖のほうを見ると、オジロワシはのそのそと歩いていた。
魚の切れ端かなにか探していると思ったが、
同時に「これはあと1時間くらい粘らんとならんな」という気もして、
ここから離れることにした(単に面倒臭くなっただけとも言う。)
sP7296614_1.jpg


続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2007.11.14

豪華客船

7月下旬。
北浜からの帰り道。水平線上に畝が見えた。
網走を出航した客船の明かりだとすぐに気がついた。
μ720swでとりあえず1枚。
sP7241503m.jpg

E-1&ED300mm&一脚でも撮ってみるが、ぶれてしまってまともに撮れなかった。
sP7246593_2.jpg
ISO800、F2.8、1/80sec。

日が暮れいなければこんな船が撮れていたはず。
sP7249999_x.jpg




Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2007.11.13

μでワシ撮り

リアルタイムでは雪が降り始め、網走上空をオオワシが通過中だったりするが、
まだまだこのBLOGでは夏の写真が続く予定。

7月下旬。呼人を走っていると、上空に見慣れた影が見えた。
バス停にバイクを停め、カメラはそれしか持ってきていないのでμ720swを向ける。
画質を最高設定にして望遠で撮る。
sP7221491.jpg

パソコンで補正して、オジロワシが撮れているようにはなる。
sP7221491t.jpg
右上のトビより明らかに大きいが、翼の形から若鳥だと思う。

別の日に北浜で撮った馬たち。
sP7241497m.jpg

馬を撮ろうとISO400、F4.0にしていたら、崖のそばにオジロワシがやって来た。
反射的に撮ったら1/30secでブレブレ。
sP7246569.jpg


続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2007.11.11

RallyJapan2007(最終回)

ラリージャパン2007の写真も今回で終了。
引き続きSS27オビヒロ3の写真。
イン側CARNo.50パトリック・マリアのインプレッサ、
アウト側CARNo.31新井敏弘・トニーのインプレッサ
sPA281862_1.jpg

イン側CARNo.67ミハエル・ロナルドのランサー、
アウト側CARNo.90西・梶山のインプレッサ
sPA282044_1.jpg

CARNo.85寺尾・津田インプレッサは1周目でガードレールに当たったものの完走。
sPA282125_1.jpg
観客は少なかったが、皆声援を送っていた。

イン側CARNo.112天野・井上ヤリス
アウト側CARNo.76星野・佐藤ランサー
sPA282154_1.jpg

圧倒的大差がつくかと思ったら、ヤリスも健闘していた(結局それなりに差をつけてランサー勝利。)



続きを読む

2007.11.10

RallyJapan2007(その8)

LEG3最後のスペシャルステージ、SS27オビヒロ3を観るため北愛国サービスパークへ。
sPA286999m.jpg
メインゲート前からスーパーSSのスタート地点を眺める。

のんぴりと各チームのテントを見て回る。
sRA287004_1.jpg
セレモニアルフィニッシュが終了するまでサポート隊の仕事はないため、昼ゴハン中のテントもあった。

CARNo.72の炭山・松井インプレッサはリタイアしていた。
sRA287019_1.jpg
残念。

スバルブースに展示されていたインプレッサ。
ワールド・チャンピオンの証であるCARNo.1。
ドライブしたのはラリー好きなら知らない人はいない
コリン・マクレー&デレック・リンガー
sRA287023_1.jpg



続きを読む

2007.11.09

RallyJapan2007(その7)

午前4:30.道の駅うりまくの駐車場で目を覚ます。
5時間前まで帯広市内の居酒屋でウーロン茶を飲んでいたので
あまり眠っていないのだが、サホロリゾートへ移動する。
午前5:10到着。まだ暗い中をシャトルバスに乗り換えて移動。
sPA286987m.jpg

シャトルバスに20分程度揺られ、さらに林道を20分ほど歩くと
長い上り坂の向こうにレラカムイギャラリーステージが広がっていた。
夜明け前は霧が心配だったけれど、見通しがよくて助かった。
sPA286991m.jpg

CarNo.7ソルベルク・ミルズのインプレッサ
sPA281070_1.jpg
バンパーが切れてしまった…。

CARNo.4ヒルボネン・レーティネンのフォーカス
sPA281131_1.jpg



続きを読む

2007.11.08

RallyJapan2007(その6)

SS15リクベツ4。今回はCエリアへ向かう。
ここのジャンプは画になるが、去年撮ったので違う場所に陣取る。
本当はCエリア直後の左コーナーも狙いたかったけれど、
笹薮に遮られて見えないので断念(担いでいった三脚は無駄になった。)
スーパーラリーで復帰したペター・ソルベルグ
sPA270652_2.jpg

こちらは兄のヘニング・ソルベルグ
sPA270670_2.jpg

ストールのシトロエンはコーナー出口で暴れて少し焦った
sPA270682_2.jpg

トップを走るピルボネン
sPA270684_2.jpg

安定した走りで写真撮るにはやや物足りない気分

続きを読む

2007.11.07

RallyJapan2007(その5)

LEG2は寝坊して朝8時に網走をスタート。
普段陸別周辺ではあまり見ないレーダーパトに注意ながら足寄まで移動。
足寄ICに向かうラリーカーを待つ。

やってきたヒルボネンのフォーカス
sPA270544_1.jpg
昨夜雨が降ったので、ラリーカーは泥だらけになっていた。

CARNo.62勝田・北田インプレッサ
sPA270582_1.jpg

CARNo.88番場・林ランサー
sPA270612_1.jpg

CARNo.102大井・遠山フィエスタも泥だらけ
sPA270646_1.jpg
映画のステッカーも目立たない。


2007.11.06

RallyJapan2007(その4)

SS8リクベツ2(Bエリア)の続き。
CARNo.35奴田原・ダニエルランサー
sRA266911_1.jpg

CARNo.51マルティン・クリストのランサー
sRA266917_1.jpg
このあたりになると暗いわ寒いわで、かなり観客が減っている。
帯広スーパーSSに移動した人も多いと思う。)
ここでちょっとした失敗。上から降りてきた人達が、E-500の近くで応援しようとしたが
デカいレンズと三脚を近くにあるのに気がついてどっか行ってしまった。
「そこで旗振っても写んないから大丈夫」って言おうとしたんだけど…。

CARNo.69北村・竹下インプレッサ
sPA260494_1.jpg


続きを読む

2007.11.05

RallyJapan2007(その3)

SS4が午前中で終了し、SS8リクベツ2が始まるまで
足寄ラリーパークに行くことにした。
ある農家の庭先に並べられたハロウィンカボチャのオブジェ。
sPA266892m.jpg

足寄町の手前でよくできたレプリカが止まっていると思ったら本物。
クリス・アトキンソン本人がタイヤ交換していた。
sPA266879m.jpg

足寄ラリーパークで色々買い物した後、再び陸別へ。
Bエリアではウォータースプラッシュ以外を撮りたかったので、
右コーナーからの上り坂に行く。
sPA266905m.jpg

CARNo.1セバスチャン・ローブのシトロエンC4。
sPA260451_1.jpg



続きを読む

2007.11.03

RallyJapan2007(その2)

引き続きSS4の写真。
ラリーカーにタイミングを合わせやすくするのに
カメラを縦構図から横構図に変更。
新井選手のは割といい位置に写せた。
sRA266697_1.jpg

CARNo.73岩下・高橋ランサー
sPA260096_1.jpg

CARNo.76星野・佐藤ランサー
sRA266785_1.jpg
今回はあまり砂埃が来ないので、E-500の心配をしなくて済んだ。

CARNo.79ウルモ・クルダーコンビのスズキ・スイフト2005
sPA260138_4.jpg

エキゾーストノートだけならこの車が最高だと思う。

続きを読む

2007.11.02

RallyJapan2007(その1)

今年も十勝で開催されたラリージャパン
今回は26・27日は1日陸別で観戦して、28日は新得に行く計画。
10月下旬なので雪が降ってもおかしくないのだが、幸運にも暖かい日だった(この時期にしては。)

陸別サーキット入り口。
林道ステージ側は霧がかかっている。
sPA266699m.jpg

SS4リクベツ1はEエリアへ向かい、
Fエリアをバックに走るラリーカーを撮ろうと考える。
E-500とED35-100mmを三脚に据える。
E-1にはED150mmとEC-14を着けて浜田ジャンプを狙ってみる。
sPA266708m.jpg

今年の00カーはランエボの新型。
00カーはゆっくり走ってくれるので撮りやすかったが…。
sRA266651_1.jpg

0カーになるとペースが上がるので厳しくなってくる。
マシンは新型インプレッサSTiバージョン。
こういうの見ると車買い替えたくなる。
sRA266654_1.jpg

この後WRカーが来たけど、あまりの速さにタイミングをほとんど外した。
ファインダーを覗いてればかなりマシになったと思うけど、
この後の高速コーナーも撮りたかったので、全部カンでシャッター切って相当しくじった。
奇跡的にうまくいったダニエル・ソルドのシトロエンC4
sRA266666_1.jpg

ジャンプ台にピントを置いといて、次の車を待っていると、
優勝候補の一人、グロンホルムがやってきた。
ファインダー越しにみたフォード・フォーカスはバランスを崩していて、「落ちるんじゃないの?」と思った。
次の瞬間、フォーカスはハーフスピンの状態で斜面を滑り落ちていた。
sPA269743_3.jpg


続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。