--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.01.31

タンチョウ白鳥公園に接近

12月上旬。
平和橋から北浜に戻り、上空を旋回しているトビのなかに
オジロワシとかまぎれていないか探していると、やや大きめなハクチョウが見えた。
sPC023007_1.jpg
よく見るとタンチョウだった。

一番右のを拡大。
sPC023007_1t.jpg
ED300mm&EC-20でもF8.0まで絞るときっちり写る。

どこに向かうかと思ってたら、国道に近い農家の畑に降りた。
sPC023014_2.jpg



続きを読む
スポンサーサイト

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.01.30

背泳ぎ

12月上旬。北浜でオジロワシを探していると、上空をオオワシが通過した。
急いでレンズを向けるが、こんなに小さいのにフレームアウトしそうだった。
sPC022966_1.jpg

かなり白い部分が少ないと思ってたら、やっぱり若鳥だった。
sPC022966_1t.jpg
この角度だとオジロワシとクチバシの形が違うのが判りやすい…気がする。

平和橋に行くと、こないだはカモが群れていた場所の辺りにハクチョウが休んでいた。
防雪フェンスに片肘をついてカメラを構える。
sPC022990_2.jpg
翼をばたつかせているハクチョウ。


続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.01.29

呼人のオオワシ

12月上旬。網走湖も呼人の駐車帯の辺りは氷が厚くなってきた。
右の方に小さく見える緑のものはしゅんせつ船。
網走湖の湖底から泥を汲み上げている。
sPC027112m.jpg

駐車帯からオオワシらしい鳥が見えたので、
ED300mmにEC-20を着けて撮ってみる。
これくらい離れていると警戒されることは少ない。
sPC022917_1.jpg

国道沿いを歩いてオオワシに接近する。
枝が多いけど何とか隙間から撮ったら、向こうも振り向いた。
sPC022922_1.jpg
視力が人間の8倍と言う話だが、
散歩している人は気にかけていないので、
実はカメラが嫌いなだけかもしれない。


続きを読む

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.01.28

鷲の交差

12月上旬。北浜でオジロワシの若鳥を見ていると、
網走の方向からオオワシが飛んで来た。
sPC012864_1.jpg

白鳥公園上空で旋回していると、さっきのオジロワシとすれ違った。
sPC012874_2.jpg





続きを読む

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.01.26

青空とオジロワシ若鳥

12月上旬。午後から北浜白鳥公園に行ってEC-20の試し撮り。
比較的人の多い場所なので、ED300mm&EC-14よりも
ED150mm&EC-20の方がとり回しし易い分向いている。
藻を食べていたオナガガモ。
sPC012823_1.jpg

浅瀬とか中洲にオオワシいないかと見回していたら、
オジロワシの若いのが飛んで来てくれた。
sPC012833_1.jpg
見ない日は朝から夕方まで飛んで来ないか、遠くで座りっぱなしなので、
こうして頭上を通過するとついている気分になる。

もう殆ど真上で翼を広げきった瞬間。
尾翼がトビと違ってひし形に近い形をしているのが特徴。
sPC012840_1.jpg




続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.01.25

ちょっと遠くのオオワシ

11月下旬。呼人に行くと、ワカサギ釣り会場(予定地)にオオワシがとまっていた。
ここはサケもワカサギも多く、呼人半島ならねぐらになる所も多いので、
越冬するには割といい場所なんだろう。
(観光用に花火が始まるといなくなるものも多いけど。)
網走湖が完全結氷すると、今度は氷下漁の雑っ橋が主食になる。
sPB252658_1.jpg

歩いたら飛んでいってしまった。
遥か彼方を滑空するオオワシ。肉眼だとただの点にしか見えない。
sPB252674_1.jpg

拡大してみると、「ああ、オオワシだね」って程度には判る。
sPB252674_1T.jpg



続きを読む

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.01.24

糠平湖氷上タイムトライアル(後)

第2ヒートが始まって少し経ったところで、撮影ポイントを移動。
スタート地点を挟んで第1コーナー方向を撮ってみる。
sT1202883.jpg
このへんは手前に色々いあるのでS-AFで撮影。

こちらは最終コーナー。
sT1202890.jpg
インプレッサの真後ろにtakao氏と紅眼鏡氏らしき姿が見える。

体が冷えてきたので売店でホットココア買って飲みながら移動。
今度は第1コーナーの直前に行った。
sT1202929_4.jpg
ワイド端(換算140mm)でも近すぎるので、斜めに撮ってみる。


続きを読む

2008.01.23

糠平湖氷上タイムトライアル(前)

つい最近の話。糠平湖の湖上でタイムトライアルが開催されたので観戦してきた。

日中でも外気温-10℃と寒いので、
前日までは第2ヒートから観るつもりだったが、
じっさいは第1ヒートの開始直後には会場に着いていた。
sT1207238m.jpg
会場には既にヴィヴィ王氏とZUMI氏が来ていた(上の写真は第2ヒートのもの。)

スタート位置は駐車場のすぐ隣にあって、観客は間近でスタートダッシュしていく車を観る事ができる。
sT1202565.jpg
ただ、参加台数が200台近いので、駐車場の半分は競技車両の整備スペースと化している。

第1コーナー付近でE-3を構える。レンズはED35-100mmEC-20
周囲は全て雪なので、流し撮りだけを考えND4フィルター装着。シャッタースピードを落とす。
sT1202614_4.jpg
薄曇りなのでF8まで絞るといい感じに背景が流れる。
雪原だと置きピンが使い難いので、今回はC-AFでピントはカメラに任せた。


続きを読む

2008.01.22

EC-20導入

11月下旬。
2倍テレコンのEC-20を買ったので、夕方から北浜で試し撮りをしていた。
ED35-100mm&EC-20で撮るハクチョウ。
sPB252728_1.jpg

公園内で休んでいたハクチョウを逆光で撮る。
sPB252740_1.jpg
下のほうにフレアー出ているようだけど、絞り開放でこれだけ撮れたら十分満足。

ふと上を見ると、オジロワシが通過中。
sPB252772_1.jpg



続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.01.21

ハクチョウ牧場

11月下旬。時々立ち寄る鱒浦灯台の辺りに駐車帯ができた。
網走港から北浜までの国道沿いは、
流氷が来ても車をゆっくり停めておける場所が少なかったので、
観光にはいいとおもう。
sPB242602_2.jpg

ビューポイント・パーキングの看板。
sPB242607_1.jpg

パーキング脇に土が盛ってあるのでそこから撮ってみる。
sPB242606_1.jpg



続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.01.19

オオワシ飛ぶ

11月下旬。北浜でオオワシに近づこうとしたら、飛んでしまった。
焦ってカメラを構え直すが、羽ばたき始めのあたりは撮り損った。
sPB232550_2.jpg

ちょっとカメラ振るのが遅れた。
sPB232552_2.jpg



続きを読む

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.01.18

オオワシちょっと移動

11月下旬。
北浜に行くとオオワシがいた。
sPB232504_1.jpg

で、濤沸湖の流木の上にはオジロワシの若鳥が座っていた。
sPB232509_1.jpg

藪でガサガサ音がすると思ったら、シジュウカラだった。
sPB232512_1.jpg
ひんぱんに藪の中を移動するので結構撮りにくい。

ワシは2羽とも動く気配がなかったので
白鳥公園でハクチョウやらカモやらの相手をして時間つぶし。
sPB232522_2.jpg




続きを読む

Posted at 18:01 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.01.17

営業開始

11月中旬。北浜白鳥公園で給餌が始まった。
大半のハクチョウは水上を泳いでいるのだが、
ごくごく一部のハクチョウは柵の隙間を探して公園内に侵入してくる。
sPB172433_1.jpg
陸上だとカモメやオナガガモにエサを取られてしまう事が少ないので、
ノラ猫やキタキツネと戦うリスクがあってもやって来る価値がある・・・と思う。
犬みたいに尻尾は振らないが、人の手からパンを食べるので観光客には人気がある。
(小さいパンだと人の指ごと噛むので注意。)

観光客もハクチョウも少ない。
エサを横取りするカモメもほとんどいないので、割と食いブチは多い時期だと思う。
sPB172435_2.jpg

公園前を飛んでいくハクチョウ。
sPB172437_1.jpg
遠くに降りるかと思ってたら、この直後公園前にUターンしてきた。

オナガガモのほうは普通に飛んで来る。
体重が軽いせいか、アスファルトの上に着地したりする。
sPB172434_1.jpg
割と大柄なカモなのに、
スズメの突付いているパンくずまで取っていくので、かなり食い意地がはっているように感じる。





Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.01.16

水上の若いオジロワシたち

11月中旬。正午近くなってから北浜へ行く。
浅瀬にオジロワシの若鳥がいるなと思っていたら、
もう一羽が超低空飛行で接近する。
sPB172418_5.jpg

一瞬、蹴ったような、避けたような
sPB172419_5.jpg

もともと座っていた方が少しだけ下流(写真上では左側)に座りなおした。
sPB172420_5.jpg



続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.01.15

ハクチョウ離水

11月中旬。この日は風の強い日だった。
濤沸湖の流木のうえでオジロワシが休んでいた。
sPB122362_2.jpg
オジロワシと、そのそばを飛んでいくカモメたち。

離水中のオオハクチョウ。
水上を走る姿は、泳ぐときと違ってバタバタしている。
sPB122378_1.jpg
上げ潮が強くて水が濁っているので、あまり水上っぽく見えない。

飛んでいくハクチョウたち。
南へ向かうのか、水草の美味しいところに向かうのか?
sPB122379_1.jpg




続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.01.14

見慣れないカモ

11月中旬。
濤沸湖に戻ると、浅瀬にオジロワシが2羽見えた。
南側からだと1羽しか写らないが。
sPB112302_2.jpg

移動して西側から撮ると、ハクチョウの群れと一緒にオジロワシがいるように見える。
sPB112322_2.jpg

オジロワシのいるあたりを拡大。
オジロワシは魚を待っているんだろうけど、平和な一瞬だ。
sPB112322_2t.jpg

白鳥公園でカモメからパンを強奪したトビ。
トビの急降下はなかなかダイナミックなものがある。
sPB112337_2.jpg




続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.01.12

タンチョウのつがい(晩秋編)

11月中旬。濤沸湖の南岸でワシを待っていると
ヨシ原のなかをタンチョウのつがいが歩いていた。
sPB112248_1.jpg
今年はタンチョウもオジロワシもヒナが育たなかったようだが、
来年はまた親子そろって歩く姿が見られるか?

2カ月前はサンゴ草も生えていた浅瀬を歩くタンチョウ
オオワシみたいに別行動をとることはまずなさそうだが、
意外と間隔をあけて歩き回る。
sPB112255_1.jpg

白鳥公園を背にして歩くタンチョウ
sPB112258_2.jpg

白鳥公園に行くと、いつもの飛べないハクチョウが侵入路を探していた。
周囲に網が張られているので、今年は公園内を歩き回れないだろうと(この時だけは)思った。
sPB112265_2.jpg

少し移動して、清里付近で見たキガラシ畑。
sPB112288_1.jpg
雪の降る時期に緑肥とはいえ花畑を見るのは奇妙な気分になる。





Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.01.11

夕方の白鳥公園

10月下旬。夕方に再び北浜へ。
夕焼けのなか、オジロワシが通過していった。
sPB102235_1.jpg

昼のと違ってこっちは成鳥だった。
sPB102235_1t.jpg

観光客とカモのいなくなった公園の芝生を歩き回るスズメ。
sPB102243_1.jpg
スズメは身近に居て地味ながら群れると賑やかだ。




Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.01.10

オオワシ飛来

11月上旬。まだ観光客もハクチョウも少ない北浜白鳥公園。
μ720swだけ持ってぷらぷらしていると、オジロワシが目に入った。
車まで戻ったら手遅れな気かしたので、そのままμ720swで撮る。
sPB107017m.jpg
(どこを飛んでいるかは、一番最後に載せる。)

カメラを持って歩いていると上空にそれらしい影が見えた。
高高度を6、7羽のワシが旋回している。
ED300mmテレコン1.4倍でもこんなに小さい。
sPB102212_1.jpg
小さいのも厳しいが、重いカメラを真上に向けるのも大変なものがあるw

トリミングしてオオワシとわかりやすいサイズにする。
sPB102212_1t.jpg

そのへんの木とか撮る。
sPB102215_1.jpg



続きを読む

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.01.09

北浜白鳥公園営業開始

11月上旬。晩秋というよりも初冬と言ったほうがよい時期。
濤沸湖南岸、丸万川付近も紅葉は終わっている。
sPB107009m.jpg

北浜白鳥公園ではハクチョウへの給餌が始まった。
ゆうゆうと公園付近を泳ぐハクチョウ。
カモメも少ないのでエサの奪い合いは少ない。
sPB107014m.jpg

湖全体にハクチョウが散っているため、
公園付近のハクチョウはまだまだ少ないが、
観光客の多いし背間になると飛んでくるものもいる。
sPB102188_1.jpg



続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.01.08

ハルニレの木

10月下旬。朝から十勝方向へドライブする。
まず津別に寄り道して、双子の桜を撮る。
sPA219630_1.jpg

池田町のワイン城と観覧車。
今回は時間に余裕があるので更に南下する。
sPA219641_1.jpg

豊頃町に到着。
ただし市街地ではなく、ハルニレの木がある河川敷。
sPA219643_1.jpg

初めて来たときは雑草が生い茂っていた記憶があるのだが、
今回は牧草を刈り取ったあといった様子だった。
もしかすると、少し早い時期に来ていたら
牧草ロールとセットで撮れた…かもしれない。
sPA219649_1.jpg




続きを読む

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2008.01.07

去る馬

10月中旬。北浜に行くと、放牧されていた馬達が
もともと居た牧場に帰されるところだった。
この場所が気に入ったみたいで、馬達はなかなかトラックに乗ろうとしない。
sPA146674m.jpg

牧場の人達が馬をつかまえる準備をしている間に今年最後の写真を撮る。
まず母親を1枚。
sPA146677m.jpg

親子並んで1枚。
この子馬もすっかり人間に慣れて、今じゃストロボが光っても気にしない。
sPA146679m.jpg

かろうじて見える斜里岳をバックにたたずむ子馬。
この子馬も生まれてから4ヶ月でかなり逞しくなったと思う。
sPA146680m.jpg



続きを読む

Posted at 00:00 | | COM(2) | TB(0) |
2008.01.05

ハクチョウ飛来

10月中旬。
濤沸湖の南岸を歩いていると浅瀬にオジロワシが降りてきた。
多分さっきカラスと一緒にいた若鳥だろう。
sPA139547_1.jpg

浅瀬にオジロワシがいないか探したが、見つけたのは夏を越したハクチョウだった。
sPA139554_1.jpg

少し離れたところにハクチョウが群れていた。
sPA139555_2.jpg
とうとうやって来たかという感覚。

白鳥公園に戻ると、いつの間にかオジロワシが2羽座っていた。
夏場は労力のかかる鳥は狙わず、魚を待つことが多い。
sPA139558_1.jpg

夕焼けで赤みを帯びた斜里岳
ちょうどいいタイミングでオジロワシが通過していった。
sPA139565_2.jpg






Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.01.04

初冠雪

なんか2008年になってしまった。
明けましておめでとうございます。
しかし、まだblogのなかは初冬。

10月中旬。斜里岳に雪が降った。
sPA139509_1.jpg

北浜の中洲にはたくさんのカモメと、あとオジロワシがいた。
遠くて小さいけど、右の方に座っている。
sPA139512_1.jpg

濤沸湖の看板越しに撮る斜里岳
望遠レンズ構えながら後退して、人の家の庭ギリギリの歩道から撮っている。
sPA139516_2.jpg

中州のほうでカラスが飛び跳ねていると思ったら、
毎度のごとくオジロワシをからかっているところだった。
sPA139524_1.jpg
こちらも毎度のごとくシャッターを切るw

南岸に移動するとアオサギが魚を探していた。
sPA139545_2.jpg





Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。