--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.05.31

天気の悪い平和橋にて

4月上旬。あまり天気のよくない濤沸湖
小雨が降っているのと、氷の面積が減っているので、
あんまり粘って撮る気にはならない。
sT4057498m.jpg

遠方にオオワシが座っていた。
sT4056742_1.jpg
これだけ離れると鷲の方も警戒心が薄れてのんびりしている…ように見える。

トリミングすると、ストライプの白が薄いのでまだ若いオオワシだと思う。
sT4056742_1t.jpg
成鳥は北に戻って巣づくりと子育てが待っているが、
若鳥だとそのへんは気にしなくていいので、
暑くなるまで気に入った場所でのんびり過ごすつもりなのかもしれない。

続きを読む
スポンサーサイト

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.05.30

まだ流氷多し

3月下旬。
先週でワカサギ釣りも終わり、人の少ない網走湖
河口付近は水面が現れているが、呼人キャンプ所付近はまだ真っ白。
sT3303707_1.jpg

まだオープンしていない旭ヶ丘展望台レストハウス。
まずE-1で撮る。
sT3303719_e1.jpg

こっちはE-3
sT3306615_e3.jpg


続きを読む

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2008.05.29

カモメ撮って練習(後)

3月下旬。北浜にて。
縦構図でのオナガガモの流し撮りの練習。
あんまり遅いシャッタースピードだと頭もブレるのが難しい。
sT3306701_1.jpg

水面が流れないで、主翼が流れて写ったカモメ。
sT3306720_2.jpg
着水寸前でカモメ全体の対地速度はかなり遅い。
このため水面は動かないが、羽ばたきのペースは早くなるので被写体ブレが起こる。

続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.05.28

カモメ撮って練習(前)

3月下旬。
北浜白鳥公園でハクチョウとか撮って時間潰し。
sT3303677_2.jpg
1、2時間したら、また対岸(7km先)の平和橋を見に行く予定。
ハクチョウを撮るのは着水の時が一番面白い気がする。

オナガガモの食べ残しを探すスズメ。
sT3303684_2.jpg
まだ冬を越すための脂肪で丸くなっているけれど、
暖かくなるにしたがって痩せて、軽く、速くなって行く。

ハクチョウのエサをくわえて、トビに追われるカモメ。
高度を下げたら翼が水面に当たってしまった。
sT3306647_2.jpg

こちらはトビ。
sT3306653_2.jpg
トビもカラスに追いかけられることか多いけど、
オジロワシと違って時々カラスに反撃して追い払っている。


Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.05.27

久しぶりのオオワシ

3月下旬。
3時頃になって平和橋に行くと、湖上に鷲が集まっていた。
前に見た時に比べてると少ないが、オオワシの成鳥もいるのがいい。
sT3296480_1.jpg

浜小清水の方へ飛んでいくオジロワシ。
sT3296495_2.jpg

平和橋から対岸を撮るよりもずっと近いのだが、それでも大きくは撮れない
…と思ったらオジロワシが上空を通過した。
sT3296504_2.jpg
太陽の方向を飛んでいるので、オジロワシの影になった雪が太陽の光を反射している。

続きを読む

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.05.26

並ぶオジロワシ

3月下旬。
平和橋に車を止めると、すぐ下流にオジロワシが2羽並んでいた。
風は強いし雪はちらつくわで良いコンディションとは居えないが、
比較的近い場所にオジロワシが座っているので、とりあえず撮る。
sT3296338_1.jpg
少しだけ見えるようになった湖面に魚が上ってくるのを待っているのか?

寄り添うオジロワシ。
sT3296342_1.jpg
上流の氷下漁の様子を見ているのか?
オジロワシって単独だと地味だけど、オオワシよりも写真のバリエーションが多くなるので面白い。

続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.05.24

濤沸湖の小鳥(後)

3月下旬。濤沸湖にて。
キバシリを見つけた。
sT3236264_2.jpg
樹の幹にくっ付いているような姿が、あんまり鳥っぽく見えない。

真上からだと完全に保護色
sT3236270_1.jpg
ゴジュウカラと似た感じのするが、こちらは真下に向かって歩けない。

続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.05.23

濤沸湖の小鳥(前)

3月下旬。あまり天気のよくない濤沸湖
平和橋から歩いていくと、オジロワシの若鳥がいた。
レンズを向けた途端、飛んだ。
sT3296355_1.jpg

オジロワシが遠くに行ったので、車に戻ろうと思ったらシジュウカラが来た。
sT3296399_1.jpg
ハシブトガラに似ているが、こちらはネクタイを締めている。

続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.05.22

ムクドリの群れ(後)

3月下旬。北浜にて。
売店の看板の上にはスズメが並んでいた。
真下にあるパンくずを気にしている。
sT3296417_1.jpg

近くに人影が見えなくなったら降下していく。
sT3296419_1.jpg



続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.05.21

ムクドリの群れ(前)

3月下旬。朝から霧雨が降っていた。
美幌ICまで走るかワシの姿は見えず、朝日ヶ丘展望台で一休み。
sT3233611_1.jpg
今年は寒いかわり雪があまり積もらなかったのだが、
駐車場の雪を脇にのけるとそれなりに積み上がる。

北浜白鳥公園に行くと、ハクチョウが草を食んでいた。
sT3297478m.jpg
この写真だと分かり難いので、反対側から撮るとハクチョウ牧場かと思ってしまう。
sT3297479m.jpg
今はハクチョウは保護されているが、
大正時代は普通に狩猟の対象で、その頃にかなり数が減ったらしい。
今なら鳥肉なんて、日本中どこでも誰でも毎日買える状態なので想像し難いものがある。
(それでも子供の頃、飼ってたニワトリが卵産めなくなったら「滅多にないご馳走」になった記憶はある。
逆に筋だらけの冷凍クジラ肉は割とよく食べていた気がする。)

続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.05.20

オオタカ?

3月下旬。
北浜白鳥公園付近は完全に氷が融けた。
sT3227470m.jpg
しかし海上に流氷が多いため、満潮時に流氷が流れてくる。
カモメとかは身軽に氷の上に乗っているが、
ハクチョウは鈍重なので氷に当たって怪我しないか気になる。
(ホントに当たって怪我するようなら鈍過ぎるけど。)

ハクチョウがあんまり飛ばないので、トビを撮って動きものの練習。
sT3226162_1.jpg
1/80secだと背景が結構流れる。

続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.05.19

鱒浦で見かけだオオワシ

3月下旬。
北浜付近の湖上もかなり水面が広がってきた。
いつもの崖の辺りに行くと、オジロワシが座っているのを見つけた。
sT3226081_2.jpg
たぶん魚が近づいて来るのを待っているところ。

飛び立つオジロワシ。
sT3226085_2.jpg

一番いいところで立木の陰にはいってしまった。
sT3226088_2.jpg
ED300mm&EC-20なので、細い枝はあまり気にしなくていいけれど、
木が3本もあるとさすがに目立つ。

続きを読む

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.05.18

弟子屈のわんこ~テツ~(その6)

今週は弟子屈町までドライブ。
途中美幌峠に寄ったらレストハウスの人達から「ホタテのかまぼこ」をもらった。
人間用じゃなくて、今はたこ焼たこまつ屋で暮らすテツへのお土産なんだが。
一ヶ月ぶりに会ったテツは夏毛に生え変わってちょっと痩せて見えた。
sT5177605m.jpg
1年前と比べて、ちょっと顔つき違うかな?

たこまつ屋の店内でノンビリしていると、テツのかまって攻撃!
sT5178754_2.jpg
犬にすれば「群れの中の順位付け」なので、飼い主とその家族にやったら問題行動なんだけど、
今の主人にはしないし、人の手を舐めるわ、寝転がってお腹見せたりするので、
どうやら「興奮しすぎてどうしていいかわからない」ということだと思う。

いつもは店の横で昼寝三昧に見えるけど、散歩用のリードを着けると歩きたくて仕方ないようで、
ちょっとその辺を…と散歩に連れて行く。
sT5178735_1.jpg
この写真だけ見てから会いに来た人は、
本物がテツが小さいのにちょっと驚いていた。
考えてみるとサイズを比べられるものと並べて撮った事がほとんど無い・・・。

続きを読む

Posted at 00:00 | | COM(0) | TB(0) |
2008.05.17

実は去年と同じ枝

3月下旬。
平和橋の近くの林にオオワシがとまっていた。
sT3226053_1.jpg
この冬はオオワシを見かける回数が少なめだった気がする。

ちょっと右を向いてるところ。
sT3226055_1.jpg
この林にとまっている鷲の個体数、見た回数ともに少なくて、
近くの空き家がまた使われ始めたからなのか、
今年は気温が低くてもっと南に行っていたのか、
別に理由があるのかよく判らない。

ほぼ1年前に同じ場所で撮った画像を並べてみる。
よく見たら同じ枝にとまっていたので、
評判のいい枝なのかもしれない。
sT3226053_R.jpg
(クリックで拡大表示。)
左はE-1にED300mmF2.8&EC-14手持ち
右はE-3にED300mmF2.8&EC-20手持ちiS(手ブレ補正)-ON
とまってね枝が同じなので、もしかして去年撮ったつがいの
もう片方かと思ったけど、去年と体の向きが違うのではっきりしない。

平和橋の駐車帯そばに別のオオワシ。
sT3226068_2.jpg



Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.05.16

砂湯のハクチョウ(3月)

3月下旬。美幌峠を越えて屈斜路湖砂湯へ向かう。
全面結氷している屈斜路湖を見おろす。
sT3205963_1.jpg
これだけ凍ると、クッシーは氷の下で冬眠か?
(冬眠していても呼吸はするので、普通に考えたら窒息する…はず。)
これほどのカルデラを作った火山の噴火はどれほどのものだったか、ちょっと想像できない。
(十勝岳や有珠山も噴火した時大騒ぎになったが、陥没はしなかった。)

砂湯でまたハクチョウを撮る。
ハクチョウの首だけ見てたら思いっきり傾いた。
sT3205974_1.jpg
10年位前、初めて冬に来た時は、レストハウスのすぐ近くまで湖面が凍っていて
狭い水面にハクチョウがひしめいていたのを憶えている。

続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(2) | TB(0) |
2008.05.15

飛び跳ねるマガモ

3月下旬。北浜白鳥公園にて。
暖かくなってかなり元気の出てきたスズメたち。
sT3205899_1.jpg
もう少ししたら、木の芽とか草とか虫とか増えて
食料に困らなくなるハズだけど、
もう少しの間はここのパンくずが大事な食料になんだろう。

ハクチョウのエサをくわえて飛ぶマガモ。
sT3205921_1.jpg
ハクチョウに追いかけられることは少ないけど
(まれにガラの悪いハクチョウが噛み付いてくる)、
カモメあたりは無理矢理掴み取ろうと、カモわ追いかけまわしている。

水上を飛び跳ねるマガモ。
sT3205923_1.jpg
ここで叫んでしまうとエサを落とすので、大変そうだ。

こちらは空を飛びながらパンくずを食べているトビ。
sT3205947_2R.jpg
なんで空中で食べるのかと言うと、
大きなパンくずを持っているトビは別のトビに追いかけられるから。
(この写真はトリミング済みのもの。)



Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.05.14

飛行中のオジロワシ(拡大版)

3月中旬。能取岬に向かう途中、二つ岩に寄り道。
遠浅で動きの鈍くなった流氷の上に雪が積もり、
雪原なんだか流氷原なんだかよく分からない景色になっていた。
sT3163596_2.jpg
氷の薄い場所に行くと踏み抜いて寒い思いをすることになるので注意。
(最悪の場合、足が濡れるどころか命に関わるので「注意」なんてレベルじゃないのだが。)

氷の厚い場所を探して慎重に歩いて行く。
sT3163597_1.jpg
流氷の向こうに地名の由来になった大岩が見える。

駐車場のすぐ隣、堤防を越えると10mで流氷源。
sT3163600_2.jpg
気軽に歩いて行けるが、観光客の中にはサンダルで歩こうとしている人もいたので驚いた。
サンダルなら濡れてもすぐ乾くけど、風邪ひくんじゃなかろうか。

美岬の海は相変わらず流氷で覆われていた。
sT3163602_1.jpg
鱒浦の方は沖に水路ができていたので、海流とか風向きとかいろいろ条件があるんだろう。

北浜にて、いつもの崖のあたりに車を停めるとオジロワシが飛んで来た。
sT3205876_1.jpg


続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.05.13

ハクチョウ噛み付く

3月中旬。
北浜に戻るとハクチョウが隣のハクチョウを噛んでいた。
sT3165754_1.jpg
噛み癖のあるハクチョウは割とよく見るけど、
前触れもなく噛み付くので、撮るのは意外と難しい。
(気の荒いのを見つけて狙うが、ハクチョウ達が密集してると誰が誰やら。)

公園内に転がるパンくずを求めてオナガガモが飛んで来る。
sT3165782_2.jpg

AF云々よりフレーム内に捉え続ける事の方が難しいと思う。
sT3165783_2.jpg
これは直進しているから撮れるけど、ターンされたら無理。

続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.05.12

氷下漁の準備中

3月中旬。夕方の平和橋
氷下漁の作業中だったが、ワシが動くのを待ってみる。
sT3165674_2.jpg

座る場所を変えるオジロワシの若鳥。
sT3165675_2.jpg

なかなか魚が食べられなくて気が立ったのか、
オジロワシがトビを追いかけていた。
sT3165705_3.jpg


続きを読む

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2008.05.10

フクジュソウあらわれる

3月中旬。能取岬にて。
雪は早く融けたけれど、流氷はまだまだ多い。
sT3167451m.jpg

気の早いフクジュソウが開花の準備をしていた。
sT3167449mR.jpg
鷲だと似たようなの何枚もUPするのに、花だと結構おざなりな扱いをするところが、
当blogの方向性を如実に示しているw

二見ヶ丘まで戻ってきたところで、
沖合いに流氷観光船おーろら号が見えた。
sT3165664_2.jpg
手前は晴れていたけれど、おーろら号から向こう側は曇っていたので、やや薄暗く見える。


Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2008.05.09

昼寝するアザラシたち

3月中旬。網走湖
河口に寝そべっているアザラシを撮ろうと駐車場から歩き出した途端、
1頭離れて昼寝しているのが目に入った。
sT3165629_2.jpg
なんか向こうもこっち見てる気がするけど、
アザラシってどれ位遠くを見ることができるのかが問題だ。
(ちなみに犬はド近眼らしい。)

もう少し歩くとアザラシが群れているのが見えたが、
木の枝の多い場所で、ちょっと気になった。
sT3165640_1.jpg
カワアイサはアザラシと競合しないからか、
周囲はのどかな雰囲気に満ちていた。

続きを読む

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2008.05.08

斜里岳とオオワシ

3月中旬。濤沸湖にて。
西に向かって飛んでいくオオワシ。
その向こうには斜里岳が見える。
sT3165566_1.jpg

深く考ると、この1枚にも色々な偶然がはたらいている。
もし和人(昔の日本人)が「自然は大切です」とか言って北海道に入植しなかったら、
この写真を撮ったのは恐らくロシア人か中国人だった…とか想像してしまう。
sT3165570_2.jpg

構図としてはこの方がまとまっているが、この距離だとオオワシだとはすぐ判らない。

続きを読む

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.05.07

オオワシとオジロワシ

3月中旬。濤沸湖でオジロワシの喧嘩を見ていたが、
喧嘩した相手よりも望遠レンズを向けられているのが嫌だったようで、
オジロワシは湖上から離れてしまった。
sT3165519_1.jpg
尾翼に黒い部分が残っていることから、まだそんなに年を取っていないのがわかる。

斜里岳とオジロワシ。
sT3165522_2.jpg
主翼がブレてもいいからあと2段くらい絞っておくべきだったか。

続きを読む

Posted at 00:00 | オオワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.05.02

オジロワシの乱戦

3月中旬。濤沸湖にて。
平和橋から割と近い位置に座るオジロワシ。
警戒し始めたと思ったら、もう1羽降下してきた。
sT3165502_2.jpg

近い方のオジロワシを飛び越して、
別のオジロワシにかかっていくオジロワシ。
sT3165504_2.jpg
比較するものがないので分かり難いが、
翼を広げた時の全幅は2メートルを超える。

真ん中の1羽をトリミング(クリックすると拡大表示。)
sT3165504_2t.jpg

急制動しつつ蹴りの体勢にはいるオジロワシと、
バックステップして避けようとするオジロワシ。
sT3165505_2.jpg
去年も網走湖で見たヒトコマ。

続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.05.01

青空とオジロワシ若鳥

5月になって網走周辺ではミズバショウが満開だが、
blogのうえではまだ3月上旬だったりする。
なかなか追いつかないが、厳選するとあっという間にネタ切れになる気がする。

JR浜小清水駅近くの海岸。
この日はかなり流氷が少なくなって、このまま春のなるよう錯覚してしまう。
sT3163588_1.jpg
時期的にみて、もう一度吹雪が来てもおかしくはないので油断できない。

JR北浜駅にて、水平線付近に蜃気楼が見えないか?と
望遠レンズを構えていたところにオジロワシが向かってきた。
オジロワシはこちらに気がついて上昇。
sT3165443_2.jpg
こちらもiS(手ブレ補正機構)を切る余裕がないまま連写する。
iS動作中にカメラを振ると、逆効果になるんだけどまぁ仕方ない。
(でも640x480じゃほとんどの人は分からないと思う。アップしてる本人もわからんw)

続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。