--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.09.30

ラリー富良野2008(予告編)

まだ写真の在庫が少し残っているが、RallyJapanも近いのでラリー関係のネタを挿む。
9月下旬。上富良野町で北海道地区ラリー選手権第7戦
2008 Rally FURANOが開催されるので、テントしょって(車で)観にいく事にした。
日没までにテント張れればいいので、オンネトー経由で上富良野町へ向かう。
sT9207140_1.jpg
まだ紅葉が始まっていないので、観光客は少なめだった。
基礎がずれたのか、展望台の手すりに近づけないようロープが張られていた。

PLフィルター使うともっと色がくっきり写ると思うけど、
なくても青緑(緑青?)色が印象的なオンネトーの湖水。
sT9207130_2.jpg

続きを読む
スポンサーサイト

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2008.09.28

弟子屈のわんこ~テツ~(今回写真少ない)

9月下旬。美幌峠軽油で弟子屈へ向かう。
朝網走を出たときは曇り時々雨だったが、北見で買い物している間に晴れてきた。
美幌峠の周辺まで快晴だったが、中標津のあたりは厚い雲がかかっている。
sT9238394_2.jpg

岩に着けられた案内板。屈斜路湖周辺の山の名前とか刻まれているけど、
周囲が岩だらけなので案内板があることにも気がつかない人がほとんどだと思う。
sT9238395_1.jpg
レストハウスに寄ったら売店の人達から、たこまつ屋にいる犬のテツへのお土産を預けられた。
ここで売ってるホタテのカマボコだけど、売店の人達が積み立てたお金で買っているとか。


続きを読む

Posted at 00:00 | | COM(1) | TB(0) |
2008.09.27

黄昏のオジロワシ

7月下旬。
かなり日が傾いて撮影が苦しくなってきた濤沸湖
帰ろうかと思ったところにオジロワシが飛んで来た。
sT7274788_2.jpg

やや遠い場所で魚を獲るオジロワシ。
sT7274792_2.jpg
欲を言えばもう少し近い場所で魚を獲ってほしいが、
実際は近過ぎるとカメラを向けるのにも難儀するので
少し遠いくらいの方が撮り易いと思う。警戒され難いし。

上昇していくオジロワシ。
sT7274794_2.jpg

続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.09.26

藪の中のベニマシコ

7月下旬。
オジロワシが飛んで来ない間、近くの藪に小鳥が見えたのでカメラを向けてみる。
ベニマシコがいた。
sT7274760_1.jpg

結構ちょこちょこ移動するので、ISO感度を上げてみる。
少し画像が荒くなるが、まぁ仕方ない。
短めのクチバシで草の身を食べるベニマシコ。
sT7274760_1t.jpg

続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.09.25

夕方のオジロワシ若鳥

7月下旬。
濤沸湖でオジロワシが動くのを待っていると、アオサギ同士ケンカしているのが見えた。
sT7274728_1.jpg
アオサギって「浅瀬でひたすらじーっとしている」イメージがあるけれど、
こんなふうに追いかけっこする瞬間もあって意外。

と思っていたら、遠方でオジロワシの若鳥が魚を探していた。
sT7274746_1.jpg

続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.09.24

鷲と原生花園駅

7月下旬。ツーリングから帰って来て少し時間があったので濤沸湖へ向かう。
平和橋でカメラを構えると対岸にオジロワシの若鳥が見えた。
アオサギの群れの近くを飛んでいくオジロワシ。
sT7274661_2.jpg

拡大してみると、地面にもう1羽座っていた。
sT7274661_2t.jpg

こちらは駐車帯のすぐ近くで魚を獲ったオジロワシの成鳥。
sT7274664_2.jpg
高空を滑空して魚の上空に移動して一気に急降下されると、
急降下を始めるまでほぼ無音なので、
夏に平和橋でワシを待つ時は周囲に気を配る必要がある。

続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.09.21

E-410持ってツーリング(後)

7月下旬。多和平牧場にて。
牧場なので、当然牛がいる。
sT7270607.jpg
気温が上がってきたので、昼寝しているのも何頭かいた。

食後の散歩で展望台へ登る。
展望台からは(北海道だとあまり珍しくないが)地平線が見える。
sT7270621.jpg
展望台どちらかと言えば低いのだが、階段の幅がやや狭いので注意。

続きを読む

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2008.09.20

E-410持ってツーリング(中)

7月下旬。裏摩周を越えて中標津を走る。
牧草地のなかに木立ひとつ。
sT7270598.jpg

北海道(特に道東)では珍しくも何ともない、地平線へ続く直線道路。
sT7270599.jpg
いくらでもスロットル開けられそうな気になっていると、
シカが飛び出してきたり、パトカーに追尾されたりして痛い目を見るので注意。

続きを読む

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2008.09.19

E-410持ってツーリング(前)

7月下旬。
E-410の試し撮り第2段として、ツーリングに持ち出してみる。
レンズはOM用Zuiko 24mm F2.8.
まずは久しぶりに神の子池を撮ってみる。
sT7270579.jpg

水面の反射を消すのにPLフィルターを持って来るべきだったかと思ったが、
青空がわずかに分るので、まぁこんなのもいいかと思う。
sT7270583.jpg

続きを読む

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2008.09.18

網走の花火2008(後)

網走の花火の続き。
カラカサと言うか、お皿のような花火
sT7264570_3.jpg
まだ開いている最中にシャッター閉じているのだが、
こういうのを撮るともう1つカメラを用意して、
それぞれ違うシャッタースピードで撮っておきたくなる。

かなり大きいサイズの花火
sT7264572_3.jpg
網走港の会場で見ていれば、結構な迫力だろうと思うのだが、
それなりに混雑するだろうし、帰り道でちょっとだけ渋滞になるので、
なかなか近くで撮ってみようという気になれない。

これも開いている途中。
花火というよりも何かのオブジェのよう。
sT7264578_3.jpg

続きを読む

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(2) | TB(0) |
2008.09.17

網走の花火2008(前)

7月下旬。北海道の短い夏を思いっきり楽しむ…
はずなのだが、この日はかなり涼しかった。
海から吹く風があまりにも涼しいので、
花火の上がっている間はウインドブレーカーを着たままだった。

日が暮れたばかりで、まだ薄明るいうちから始まる花火大会。
sT7264499_3.jpg

花火を撮るのは三脚にカメラを固定して、
レリーズケーブルで露出時間を調整する。
一つの花火を撮るなら4秒前後シャッターを開けていればいいと思う。
sT7264525_3.jpg

続きを読む

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2008.09.16

黄色いセキレイ

7月下旬。小清水原生花園には夏の間馬が放牧されている。
集まる場所は国道から近かったり離れたりするが、
とりあえずJR原生花園駅の駐車場に車を置いて歩く。
sT7260544_2.jpg

遠くに見える展望牧舎
歩道を200mほど歩いた時点で、走って離れていく馬の群れを見てこの日はそうそうに諦めた。
sT7264484_2.jpg
夕方、涼しくなると馬の群れの移動速度が速くなるので、
時間をかけて撮影するなら日中のほうが向いているかもしれない。
(しかし暑い時は昼寝している馬も多いので注意。)

続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.09.15

セキレイの親子

7月下旬。平和橋の手すりにセキレイが降りてきた。
模様はハクセキレイだが、色が薄い。
恐らく今年巣立った幼鳥だろう。
sT7264479_2.jpg

拡大してみると、尾翼以外は黒くない。
sT7264479_2t.jpg
成鳥ほど細身でないような気もする。

近くに降りてきた成鳥。恐らく母親だろう。
sT7264481_1.jpg
幼鳥はほかにも2羽見えたけど、並んではくれなかった。

成鳥のアップ。
頭が幼鳥より細く見えるが、撮った角度とか違うので気のせいかもしれない。
sT7264481_1t.jpg




Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.09.13

頭上を飛ぶ鷲

7月下旬。午前中サロマ湖まで行った時は雨が降りそうだったのに、
日没が近くなって青空が広がってきた。
この日撮れるとは思っていなかった青空バックのオジロワシ。
sT7264468_1.jpg

もう頭上を通過する寸前になって滑空するオジロワシ。
高度が低めだったので片翼しか収まらない。
sT7264470_1.jpg

続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.09.12

ちょっかいを出す若鳥

7月下旬。トウフツ湖平和橋にて。
駐車帯からよく見える林のうえにオジロワシが座っていると、
もう一羽飛んできてちょっかいを出していた。
sT7264461_2.jpg
座っていた方は翼を広げて抗議(?)する。

拡大してみる。
sT7264461_2t.jpg
どちらも若鳥だと思うが、本気で争う気はなさそう。

軽く驚かせただけで、別の場所へ離れていくオジロワシ。
すぐ別の場所に向かうなら、最初から近寄らなくてもよさそうな気もするが、
「散歩している犬が目に付いた犬の匂いを嗅ぎに行く」ようなものだろうか?
sT7264463_2t.jpg

もう夕日が雲に隠れるかな?と思っていたのだが、
もう今更?と言いたくなるように北から青空が広がってきた。
sT7260540_2.jpg
海風のせいで半袖では肌寒いけれど、やっぱり青空はいい。



Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.09.11

オジロワシの後姿

7月下旬。寒いけれど、夕方の濤沸湖へ行く。
まずは平和橋を飛び越していくウ。
sT7264408_2.jpg
ウミウかカワウかは識別できてない。

向こうの木立に鷲が降りて来たようなので、1枚撮ってみる。
sT7264419_2.jpg
慣れると双眼鏡なしても「あのへん何か大きい影か見える」ようになる。

拡大してみると、鷲のほうもこちらをみている様子。
sT7264419_2t.jpg
あまり長くカメラを向けるとどっかに移動されるので、ほかを探すことにした。


続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.09.10

どんよりした日のツーリング

7月下旬。夏本番にキャンプツーリング・・・のはずだったが、
天気があまりよくないて(寒いくらい)ザセツした。
でも雨が止んだようなので、サロマ湖まで走ってみた。
sT7260479.jpg
写真はワッカ原生花園の駐車場。
すぐ近くの街灯の上でオジロワシが休んでいたけど、レンズが24mmだけだったので撮らなかった。

この時期は何の変哲もない湿原に見えるキムネアップ
sT7260507.jpg

続きを読む

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2008.09.09

夏の緑とオジロワシ

7月下旬。濤沸湖にて。
ほかの猛禽類と同じように、オジロワシも人間に対する警戒心は強いので、
人間のすぐ近くを飛んでくれることはなかなか無い。
それでもたまには、カメラのフレームいっぱいに翼を広げてくれる瞬間がある。
sT7214304_2.jpg
期待していると、道路からかなり近いところで空中に静止した。

主翼の幅を調整して揚力を下げ、徐々に降下している。
sT7214304_2r.jpg
だが、予想される降下コースは低木に遮られていた。
間に合う可能性は低いと思いつつ、カメラを抱えて水面の見える場所へ走り出した。

続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.09.08

オジロワシ、魚をつかむ

7月下旬。北浜白鳥公園にて。
有刺鉄線に小鳥が降りてきた。
sT7214142_2.jpg
最初はスズメの若鳥かと思ったけど、少し毛色が違う。

よく見るとノビタキの若鳥だった。
先月撮った成鳥に比べると線の細さというか、
幼さのような雰囲気を感じる。
sT7214142_2t.jpg

平和橋へと移動。
この日はオジロワシが魚を撮る瞬間を最低5回は見ることが出来た。
sT7214163_2.jpg
運が良かったのも大きいが、あの何もない駐車帯で3時間待ち続けて5回なので、
何も知らないで見に行って「30分も待ったけどオジロワシが飛ぶ姿すら
見られませんでした」なんてことになっても怒らないように。

続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.09.06

コヨシキリ食事中

7月下旬。3連休だというのに天気は芳しくない。
少し風が冷たい濤沸湖で鷲が飛ぶのを待つ。
ヨシの高いところにコヨシキリ(らしき鳥)が登ってきた。
sT7214037_2.jpg

コヨシキリのアップ。
sT7214037_2t.jpg
虫を食べているところに見える。

こちらに接近してきたコヨシキリ。(トリミング)
sT7214042_1t.jpg
人間からすればたいして役に立たないヨシの原も
こういった小鳥にとっては大切な生活の場なんだろう。

続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.09.05

ラリー赤井川2008(その4)

全てのSSが終了し、タイム差から入賞がほぼ確定となった車に対して車検中。
sT8246697_1.jpg
ここで安全装備やら保安部品やらチェックして反則行為がなければ
そのまま入賞となるのだが、まだサービスパークに戻っていない車両もあるので、
こちらはキロロマウンテンホテルで昼食をとって時間調整した。
(で、観客向けの抽選会に大遅刻してしまった。)

表彰式の前に入賞選手のシャンパンファイト。
総合優勝は勝田・保井インプレッサ。
sT8246708_1.jpg

左がドライバーの勝田選手、右がナビの保井選手。
sT8246712_2.jpg
またの名を「今月の公道最速の男」w

続きを読む

2008.09.04

ラリー赤井川2008(その3)

Rally in Akaigawa 2008の続き。
日曜日のSS11になると、前日にリタイアした車も多かったらしく、
パンフレットには載っているけど走ってこない車の何台かあり、
時々「え、あの選手今日は走ってないの?」ってことも時々おこる。
逆に、十勝への遠征は無理だったけど、小樽までなら来れましたって車もいる訳で。
徳尾・森安ランサー。
sT8246479_1.jpg
カマキョウ選手曰く「永谷園カラー」

若槻・島津パルサー。
確か国内ツーリングカー、N1仕様の車だったような記憶がある。
sT8246504_1.jpg
国内ラリーだとFIAのホモロゲ切れても走れるので、
時々「その車で走るか!」と驚かされる。もちろんいい意味でw

続きを読む

2008.09.03

ラリー赤井川2008(その2)

Rally in Akaigawa 2008の続き。
全日本クラスのスタートを見送っている最中、観戦仲間から恐ろしい話が。
「これから行く予定だったギャラリーエリアのB・Cはゲートを閉められて、今日はもう入れない。」
その場にいた全員「そんな、まさか!?」と硬直したが、10分後には結局ダメだということが判明した。
(アナウンスまでいらんけど、チケット売り場に張り紙くらいしといて…。)
ギャラリーエリアAはSS11が始まる前に一度ゲートが開くので観戦可能とのこと。
時計を気にしながら、北海道地区クラスのラリーカーを見送る。
sT8246407_1.jpg
萩中・永井ランサー。ラリー北海道2007のゼロカーも務めていた車。

こちらは陸別のスーパーターマックでおなじみの岡村・小野アルト・ワークス。
sT8246414_1.jpg

ミネ・松岡インプレッサ。
sT8246417_1.jpg
マシンのフルネームはチームセキネン・黒ブタヤンマガインプレッサ(楽しそう。)

続きを読む

2008.09.02

ラリー赤井川2008(その1)

あまりいい天気ではない8月後半のこと、
赤井川村キロロリゾートまでRally in Akaigawa 2008の観戦に行った。
今回ぎりぎりまでバイクツーリングがてら軽装備で行こうか、
楽して車で車中伯しようか悩んだが、あまりにも涼しいので後者にした。
しかし今年のラリー観戦は天候に恵まれない。
日曜の早朝からキロロマウンテンホテル前で競技開始を待っていると通り雨。
sT8246339_2.jpg

サービスパーク内をうろちょろして写真とか撮ってまわる。
すぐそこで奴田原・小田切選手のランサーが整備中。
sT8246349_1.jpg
ラリー北海道とかと違ってフェンスも無ければ、IDもない。

続きを読む

2008.09.01

弟子屈のわんこ~テツ~(その9)

かなり最近の話。
本州は猛暑らしいが、北海道は盆からすっかり秋の風。
ガソリン代をケチってバイクで移動したいが、
秋の雨は夏と違って身を切るように冷たいので、
雲の厚い午後に弟子屈へ向かうのにバイクは諦め車で移動(軟弱だ。)
毎度おなじみ「京風たこ焼たこまつ屋」へ。
sT8316838_2.jpg

あいかわらず人気者のテツだが、店の隣に座りっぱなしも退屈らしいので
飼い主さんの許可をもらって散歩に連れ出す。
sT8316845_2.jpg
不思議なのはたエサ持って近づいても大人しく立っているのに、
散歩に連れて行こうと近づくと飛び跳ねるところ。
店の中の会話が聞こえているのか、こちらの表情を読んでいるのかだと思うか・・・?

続きを読む

Posted at 00:00 | | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。