--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.11.29

たこまつステッカーの話(ラリージャパン超番外編)

(注) 今回はところどころにがあるので、
真に受けて「拍手」ボタンとか押したりしないよう (そんな奇特な人がいるとも思えんけど)
注意していただきたい(でも関係者からのクレームは受け付けます。)
sTB092653_2.jpg
恐らく世界に2組しか存在しないであろう「TAKOMATU」ステッカー
1組は今のところ網走の我が家に保管中で、
もう1組はグループNラリーカーのカマキョウ号のリヤピラーに貼られている。
このステッカーを貼ったカマキョウ号は2008年のラリージャパンを総合22位で完走した。

続きを読む
スポンサーサイト

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.28

白鳥公園にて、ボンヤリ過ごす

10月中旬。北浜白鳥公園にて。
ハクチョウが飛んで来るのを待っていたら、オジロワシが上空を通過した。
sTA192242.jpg
カモは騒いでいたし、オジロワシも公園の上空を大きく一周したけれど、
鳥よりも魚を獲るつもりで飛んでいるように感じた。

オジロワシを拡大してみる。
sTA192242t.jpg
レンズはED150mmEC-20を使用。ボディはE-410.
ED300mmのほうはEC-14とセットでE-3に着けて足元に立てていた。
オジロワシが上空を2周するようなら簡単に撮り比べしてみようかと
思ったものの、オジロワシがすぐに離脱したもんで試せなかった。

逆光で撮るオジロワシ。
sTA198846_2.jpg

続きを読む

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.27

網走の紅葉、終りかけ(後)

10月中旬。網走湖の女満別湖畔にて(こう書くとやっぱり変な気がする。)
ヒヨドリの群れがやって来たので、E-1にED300mmを装着する。
sTA184779_2.jpg
薄暗いのとiSがないので、テレコンはEC-14を選び、枝を離れる瞬間を待つ。

ヒヨドリが枝を離れた瞬間のアップ。
sTA184779_2t.jpg
飛ぶ寸前に目立つ予備動作をしない(ように見える)ので難しい。
まぁ人間の動態視力で追えるような緩慢な動作だと猛禽に襲われて全滅だろうけど。


続きを読む

Posted at 00:00 | | COM(0) | TB(0) |
2008.11.26

網走の紅葉、終りかけ(中)

10月中旬。
能取岬の紅葉はもう終りっぽかったので、女満別湖畔へ移動。
まずはE-410&11-22mmで。
sTA182158_2.jpg
こっちの低木は日当たりがあまり良くなくて撮影条件としては厳しかった。

紅葉の湖岸とベンチ。
sTA184738_1.jpg

女満別湖畔キャンプ場の傍らにあるお地蔵様。
E-1&ED35-100mmで撮るとこんなふう。
sTA184742_2.jpg

続きを読む

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.25

網走の紅葉、終りかけ(前)

10月中旬。紅葉が終りそうなので、曇り空の網走をドライブする。
まずは能取岬の灯台の見える場所にて。
11-22mmで遠近感を出してみる。
sTA182141_2.jpg

そしてED35-100mmで灯台を少し近づける。
sTA184734_2.jpg
曇天より青空を撮りたい。

続きを読む

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.22

ハクチョウ飛来

10月中旬。
濤沸湖でハクチョウのエサを売り始めたので様子を見に行く。
この時期はタンミングがよければハクチョウの親子が近くを泳いでいるが、
通常はオナガガモとユリカモメとトビの三つ巴の争奪戦になってしまい、
何のエサを蒔いているのか分らなくなる。
あまりパンくずに興味ないようで、白鳥公園から離れていくハクチョウたち。
sTA184816_1.jpg

こちらはE-410で撮るトビ。
sTA182201_2.jpg
レンズはED150mmにEC-20着けて絞り開放。

水面に急降下する瞬間。
sTA182204_2.jpg

続きを読む

Posted at 00:00 | その他の鳥 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.21

チミケップ湖の紅葉2008

10月中旬。旭川に向かう途中、チミケっプ湖に寄り道。
今年の紅葉はあまりよくないらしいが、一応確認しておく。
北見側から湖に向かい、チミケップホテルを過ぎたあたりに車を停める。
sTA112067.jpg

毎年獲っている場所なので、いつの間にか去年と同じ構図で獲っていたりする。
去年来た時は「クマ出没注意」の看板があったが、今年はなかった。
sTA112070.jpg
もっとも、今年はまだ目撃されていないだけかもしれないが…。

今回はE-410と11-22mmを使う。
sTA112082_2.jpg
青空の発色はE-1のほうが好みだけど、
E-410で紅葉を撮ったことはないのでその発色に興味もある。

続きを読む

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.20

夜の新橋

10月上旬の夜。ZuikoDigital 35mm F3.5マクロ
E-3に着けて網走駅までちょっと歩いてみる。
ひんやりとする夜道。新橋の欄干に並べられた花を撮る。
sTA088766_2.jpg

E-3のiS(手ぶれ補正)をアテにしてスローシャッター。
橋を通過する自動車のライトに花が照らされる。
sTA088767_3.jpg


続きを読む

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2008.11.19

三国峠までツーリング

10月上旬。大雪山系に初雪が降ったらしいので、
そろそろバイクも乗り納めの季節となった。
でも割と暖かかったので、三国峠までツーリングしてみる。
sTA058731_1.jpg

峠の北側(層雲峡方向)にて。
sTA058733_2.jpg
峠は薄曇りで紅葉も赤い部分が少なかった。

三国峠北側の駐車帯から冠雪の黒岳を撮る。
sTA058734_2.jpg
標高がこことは違うとはいえ、雨が降ってきたら
雪に変わる前に急いで麓に降りなくては、と思う。


続きを読む

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(2) | TB(0) |
2008.11.17

Pioneer Carrozzeria Rally Japan 2008 (最終回)

SS29イメル4の続き。
このSSを終えたラリーカーは、指定時刻までに札幌ドームに戻れば完走となる。
最後までアタックして順位を上げようとする車もあれば、
トラブルを抱えてやっとこさ走っている車もあり、
見ているとホント色んな車がいるなって気分になる。
sTB021347_1.jpg
CarNo.108、原x2コンビの赤色ブーン。

ゼッケンとかよく見えないけどCarNo.75、馬場・女屋コンビのランサー。
sTB021445_1.jpg
これはもう少し車を右によせて撮るべきだった。

CarNo.66、福永・奥村コンビのランサー。
構図としては割とまともな1枚。
sTB021544_1.jpg
しかし、(ワークス以外から)割とまともな写りのを選んだら
選手が偏っていくのはどういう訳だろう?(一応全車撮影しているのに。)

続きを読む

2008.11.16

Pioneer Carrozzeria Rally Japan 2008 (その7)

ラリージャパンもとうとう最終日の午後に突入。
コイカから千歳市内まで移動した時点で、残りのステージをチェックすると、
SS25サッポロ5が終るところだったので、あとはコイカ2とイメル4のみ。
札幌ドームサービスパークには知り合いが集結しているので顔を出したいが、
ラリーカーが競技しているのを(DAY1は来れなかったので)
まだ2回しか撮っていないのも口惜しいので、予定を変更。
SS29イメル4に向かう。
sTB027992m.jpg
千歳のダートトライアルコースとモトクロスコースを連結したコースで、
ちょっと平板な気もするが、観戦できる場所はかなり長い。
駐車場からあまり歩く気力が無かったので、最終コーナー付近に
踏み台置いて観戦する。観客が壁のようになるがまぁ仕方ない。

コース上の水溜りを越えて走ってくるゼロカー。
sTB020888_1.jpg
ドライバーは去年と同じく小西選手。

続きを読む

2008.11.15

Pioneer Carrozzeria Rally Japan 2008 (その6)

ラリージャパンDAY3、SS21コイカ1の続き。
途中晴れ間が僅かに見えたのだが、雲が厚くなってきた。
防寒装備は糠平湖で氷上タイムトライアルを見た時と同じくらい、
・上半身はTシャツ2枚重ねの上にトレーナー。
 その上に登山用パーカ3シーズン用を着て、背中に張るカイロつき。
・下半身は薄手のタイツ、ジーパンの上に登山用ズボン(ドロワットビブ)
・靴はコールマンのトレッキングシューズで防水加工済。靴下に貼るカイロつき。
にしてあるので(ちょっと鼻風邪気味だったが)まぁ耐えられそう。
sTB020603_2.jpg
CarNo.84、富沢・船津コンビのインプレッサ。

8時を過ぎたあたりから雨が降り始めた。
カッパ着た人が写真に写るのは問題ないけど、傘はかなり邪魔くさい。
傘さすならずっとしゃがんでいてほしい…とか思っていたが、
幸いなことにコースを隠す位置に傘をさす人はいなかった。
sTB027984m.jpg

続きを読む

2008.11.14

Pioneer Carrozzeria Rally Japan 2008 (その5)

ラリージャパンDAY3.午前中はSS21コイカ1を見る。
夜明け前に宿を出発、コンビニで食料を買って、ラリー関係のBBSを見ると
「シャトルバスの最終便は5:30出発」と書き込みがあって焦る。
(先月コース紹介を確認した時はそんな記述はなかったような気がするけれど?)
何とか最終バスに間に合って、着いた先はゴルフ場の裏山だったのだが…。
sPB027981m.jpg
見晴らしはいいんだけど、もーちょいコースに近い場所にしてほしかった。
自分はラリーカーを正面から撮れる位置が良かったので、奥の山に向かう。
なお、バス乗り場にだけ売店と簡易トイレがあったけど、この時期の気温と
観客スペースの広さを考えたら、トイレの数には再検討の余地があると思う。

今回EC-20を置いてきたのをちょっとだけ後悔しつつ、
ED150mmEC-14で撮ることにした。
ゼロカーを試し撮りしたら、ヘッドライトで若干ゴーストが出たので
プロテクトフィルターも外す。この距離なら小石すら飛んで来ないのだから。
sTB020282_1.jpg
まずはCarNo.3、ヒルポネン・レーティネンコンビのフォード・フォーカス。

続きを読む

2008.11.13

Pioneer Carrozzeria Rally Japan 2008 (その4)

ラリージャパンDAY2、千歳ラリーパークにて。
11月にしては暖かくしかも晴れていたので、結構人が集まっていた。
ラリーパークから少し歩いてT字路の一時停止を狙うことにした。
sTB014907_2.jpg
まずCarNo.63、北村・竹下コンビのインプレッサ。

CarNo.65、岩下・高橋コンビのランサー。
sTB014915_2.jpg
ストロボ焚いてるのでボディサイドのOKUYAMAのロゴに反射して目立つ。

CarNo.88、石黒・佐藤コンビのランサーと、
すぐ後ろにCarNo.73、三谷・新井コンビのランサーがみえる。
sTB014923_1.jpg

続きを読む

2008.11.12

Pioneer Carrozzeria Rally Japan 2008 (その3)

パイオニア・カロッツエリア・ラリージャパン2008のDAY2.
午後からは恵庭の林道ステージ、SS18キナ2に行こうと思ったが、
千歳IC近くに設営された千歳ラリーパークに立ち寄る。
sTB017972m.jpg
昼ゴハンがまだだったが、まずはラリーパーク内を歩き回る。
交差点に近いところに、全日本ラリーの競技車両が展示されていた。

ラリーカー展示してるんだ…と思った途端、フォード・フォーカスが眼前を通過。
sTB014891_2.jpg
どうやらノンビリしているうちにSS15イメル2を通過したらしい。
慌てながらもE-1を片手で構えて撮っておく。

続きを読む

2008.11.11

Pioneer Carrozzeria Rally Japan 2008 (その2)

SS12ニカラ1の続き。
ますはCarNo.105、平塚・鈴木コンビのブーン
sTB019772_2.jpg
JAFの選手権だと車種の制限が少ないので
ダイハツ・ブーンはFFと4WDの両方見られるのだが、
WRCだとFIAホモロゲーションの関係でFFモデルしか走れない。

CarNo.102、杉山・伊東コンビのランクス。
sTB019907_1.jpg
去年のラリージャパンでは初日でトラブって何とか
スーパーラリー(敗者復活戦みたいなルール)で完走したけど
今年はクラス優勝くらい狙えるか注目。

続きを読む

2008.11.10

Pioneer Carrozzeria Rally Japan 2008 (その1)

時々、わんこのテツと比べて全国に楽しみにしている人が
どれ程いるのか?と0.5秒ほど考えてしまうモータースポーツのカテゴリーだが、
写真を撮って来た以上アップしないのも癪なので記事にする。

今年から開催地が札幌に移ったWRC ラリージャパン
パイオニアがメインスポンサーについて、北海道新聞もバックアップする世界選手権・・・
の割には札幌周辺での認知度がそれほどでもなさそうだわ、
開催に向けての熱気もあんまり伝わってこない気がするわで
イロイロと不安ではあったが、どっちにしても観戦に行く。
金曜午後6時に仕事を終えてから、網走から恵庭まで一気に移動。
翌朝は眠い目をこすりながら朝7時から苫小牧の林道ステージ、ニカラへ。
sTB017961m.jpg
ここは砂防ダムからスタートする。

続きを読む

2008.11.08

トウフツ湖の虹(後)

10月上旬。平和橋にて。
弱い通り雨が降ってきた。
通り雨の間、短時間だが完全なアーチを見ることができた。
sTA042016.jpg

ZuikoDigital ED300mmで拡大した虹。
sTA048689_2.jpg
一部だけ拡大してもあまり美しくないか…。

さっきのと同じオジロワシの若鳥が、裏濤沸で魚を獲っていた。
sTA048700_1.jpg



続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.11.07

トウフツ湖の虹

10月上旬。北浜に行くと、奥のほうにいた馬は放牧を終えて牧場に帰されていた。
撮影場所を変えようと思ったところ、白鳥公園の方向に虹がかかっているのが見えた。
sTA041996.jpg

平和橋に移動。
たまにはトビでも撮ってみる。
sTA048552_1.jpg

E-3とE-410の発色の違いをみたくて、E-410に14-54mmを着けて
歩き回っていたらオジロワシが飛んで来た。
車に戻って300mmを引っ張り出す余裕はなかったので
とりあえず14-54mmで連写する。11-22mmよりは大きく撮れるはず。
sTA048570_2.jpg

続きを読む

Posted at 00:00 | 未分類 | COM(2) | TB(0) |
2008.11.06

夕方に少しだけオジロワシ

9月下旬。やや雲があるものの、平和橋に行く。
サケの遡上が始まったこの時期、オジロワシは川でも漁ができるので
濤沸湖で待ってもうまくいかないような気がするが、
かといって川沿いに探すのも大変なので、ここで待ってみる。
いないかと思ってたら、防風林の上を飛んで行くオジロワシ。
sT9288454_1.jpg

続きを読む

Posted at 00:00 | オジロワシ | COM(0) | TB(0) |
2008.11.05

きよさと焼酎工場

再開したけどラリージャパンの話はまだまだ後になる予定。

9月下旬。斜里までバイクで走った帰り、清里に寄り道。
焼酎工場となりの公園でひと休み。
sT9284713_2.jpg
網走方向は通り雨が降っているように見えたので、
ここでゆっくりして雨をやり過ごすつもりになる。

焼酎工場と斜里岳
sT9284717_2.jpg
網走を出発した時には快晴だったのが、急速に曇り始めた。

公園にあった花壇。
撮る場所を調整して、なるべく青空が多く見えるようにする。
sT9284719_1.jpg
花壇の時計は壊れているようでまるで違う時刻を指していた。



Posted at 00:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。