--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.08.31

浜小清水からオンネトーまで

4月下旬。
早起きして眺める斜里岳の朝焼け。
sP4282994_1.jpg


そして平和橋上空を飛んでいくハクチョウたち。
sP4282987.jpg


朝早くから東藻琴のシバザクラを偵察に行くが、
まだ開花には早かった。
sP4281198m.jpg


浜小清水えんちゅ氏と合流後、原生花園駅でDMVを撮る。
sP4283015_1.jpg


平和橋に再び行くと、ワシが集結していた。
sP4283024.jpg

オオワシの成鳥はいなかったが、この時期に
これだけ集まるとは予想していなかった。

飛び去ったと思ったら戻ってきたオジロワシ。
sP4283025.jpg



女満別湖畔でミズバショウを撮ってみる。
E-330を借りて11-22mmを着けてみたが、あんまり触ってると
E-330を欲しくなるのですぐ返した。(写真はE-1で撮った方)
sP4283048.jpg

木道からずっと低い場所に生えているミズバショウを撮るなら、
ライブビューって構図が簡単に決まるので便利そう。

女満別から南下して美幌峠へ。
展望台近くの斜面はまだ雪が積もっていた。
夏靴だと滑ってしまうので、レストハウスの人が除雪していた。
sP4283054.jpg


この頃は美幌峠にまだわんこのテツがいて、
展望台まで付いて来てもらった。
sP4283057.jpg

おやつを埋めているテツ。

更に移動、阿寒の双湖台
sP4283059_1.jpg

予想通りほとんど凍っていた。

オンネトーまで行ってみる。
sP4283064.jpg

やっぱり凍っていた。
ここでえんちゅ氏と別れた。

おまけ。
オジロワシのアップ。
sP4283025t.jpg

尾羽がまだ黒いので亜成鳥だと思う。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://oowasiinabasiri2.blog88.fc2.com/tb.php/170-7245beca
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
オジロワシは頭が白くなっても、
尾羽が完全に白くなるまで6,7年と、
成長はかなりゆっくりしているみたいです。
富士元寿彦著「原野の鷲鷹」に書いてありました。

テツはふもとの弟子屈町に住む人に引き取られて、
今も元気に暮らしているそうです。
Posted by XJRR2 at 2007.09.02 20:36 | 編集
その節は大変お世話になりました。
あの時期に間近でオオワシが見えるとは
思ってなかったんで感動もんでしたよ。

最後のオジロ尾羽は黒いけど頭は白いですね。
オジロって歳食うと頭が白くなるんじゃないの?
てつはまだ展望台にいるんですか?
もらい手はみつかりましたか?
Posted by えんちゅ at 2007.09.02 20:05 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。