--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.10.16

病気のキタキツネ

6月下旬。
馬を撮ろうと北浜白鳥公園の南の囲いの方に行くと、キツネがいた。
sP6245227_1.jpg
病気のようで、顔がはれていて元気もなかった。、
今のところ悪さをしているわけでもないので、構わずに馬のところに向かう。

馬の毛づくろい?
sP6245245_2.jpg

振り返るとキツネは道路の上で昼寝していた。
sP6245250_1.jpg
温まったアスファルトが、弱ったキツネにはいい場所なのだろう。


浅瀬にオジロワシが降りてきたと思ったら、すぐに飛んで行ってしまった。
sP6245240_3.jpg
ED35-100mmではなく、150mmの縦構図で撮ったらよさそうな光景だった。
しかし、馬撮ろうとしていたので仕方ない。

車に戻る途中、キタキツネをもう1枚。
尻尾の毛もほとんど抜けている。
かなりダルそうだったが、野生動物なのでどうするわけにもいかない。
運が良ければ生き延びられるだろう、と思うほかはない。
sP6245262_1.jpg
同じ野生動物でもハクチョウ相手にはパン渡しているので、扱いに差があるのは確かだが…。
キタキツネに人間の食べ物渡すと病気になる確率も高いし、人に慣れたら
車に轢かれるか、撃ち殺されるのがオチだからいい事はない。
昔飼ってたニワトリたちを食われた記憶があるので、キツネの印象が良くないのも大きいが。

「地球にやさしい」という言葉は大嫌いだ。

湖上を飛ぶオジロワシ。
sP6245234_2t.jpg
2つ上の写真と同じ位置から同じレンズ(ED35-100mm)で撮ったのをトリミングしている。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://oowasiinabasiri2.blog88.fc2.com/tb.php/215-d1f7d964
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。