--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.11.06

RallyJapan2007(その4)

SS8リクベツ2(Bエリア)の続き。
CARNo.35奴田原・ダニエルランサー
sRA266911_1.jpg

CARNo.51マルティン・クリストのランサー
sRA266917_1.jpg
このあたりになると暗いわ寒いわで、かなり観客が減っている。
帯広スーパーSSに移動した人も多いと思う。)
ここでちょっとした失敗。上から降りてきた人達が、E-500の近くで応援しようとしたが
デカいレンズと三脚を近くにあるのに気がついてどっか行ってしまった。
「そこで旗振っても写んないから大丈夫」って言おうとしたんだけど…。

CARNo.69北村・竹下インプレッサ
sPA260494_1.jpg



こちらも北村・竹下インプレッサ
sRA266944_1.jpg
E-500の内蔵ストロボでもこれ位は撮れるという例(レンズはED35-100mmだけど。)
AF補助光なしでもクリッピングポイントの岩にAFが合ったのにはびっくり。

CARNo.73岩下・高橋ランサー
sRA266947_9.jpg

CARNo.85寺尾・津田インプレッサ
焦ってシャッター早く切りすぎた。
sPA260508_1.jpg
ちなみにピントはコース上の適当な位置に置いてある。

CARNo.102大井・遠山フィエスタ
前回とかち2007で観た時は0カーだったが、今回は本気の走り。
sPA260523_1.jpg
でも映画「SS」の都合があるので「押さえ気味」との噂も…。

CARNo.107伊藤・地神ブーン
sPA260526_1.jpg
ダイハツ・ブーンはFFと4駈の2種類あるが、
4駈モデルの方は販売台数が少な過ぎてFIAのホモロゲを取得できていないらしい。

アナウンスで「最後の1台が通過したようです」と流れたので、
暗闇の中LEDライトの明かりを頼りに三脚とE-500を仕舞い、E-1を片手に坂を下る。
明るい場所まで降りたところで「もう1台スタートするようです」とアナウンス。
早足でコース脇に行くと、天野・井上コンビのヤリス(トヨタ・ヴィッツ)がやって来た。
sPA260537_1.jpg

日没で急坂の通路は閉鎖されたので、Aエリアまで徒歩で移動。
AエリアからはシャトルバスでFエリアまで戻った。
帯広スーパーSSには間に合わないしチケットも買っていないので、
LEG1はこれで終了。網走へ帰った。


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://oowasiinabasiri2.blog88.fc2.com/tb.php/232-0a36e7c1
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。