--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.02.10

しばれラリー体験走行2008

割と最近の話。陸別しばれフェスティバルを今年も見てきた。
朝9時の気温は-14℃とこの時期の陸別にしては緩い方だった。
入り口で抽選券を貰ったのに、ろくに見ないでポケットにしまって失敗した。
(もっとも、抽選前に帰る予定だったので結局応募しなかったと思うけど。)
sT2033831_1_.jpg

会場中央の「いのちの火」は大半が燃え尽きてしまったが、
暖をとるにはまだじゅうぶんに暖かい。
バルーンマンションで夜を明かした人を除けば
来場者のまだ少ない時間なので会場内はがらんとしていた。
sT2037308.jpg
無風なので思ったより辛くなかった。
と言っても、ズボンの前ポケットと靴底にホッカイロ入れてようやく凌いでいるのだが。

今年のしばれラリー体験走行には3台のラリーカーが揃った。
赤ランサー鎌田選手
青インプレッサ難波選手
白インプレッサ原口選手
sT2033434_1_.jpg

スパイクタイヤに交換してから走るのかと思ってたら、
3台とも普通のスタッドレスタイヤのままで走行開始。
sT2033451_1_.jpg




去年走った場所は半分くらいバルーンマンションにとられたので、
今年のコースは一番奥の方にずれた形になった。
積雪がかなり少ないので、ギャラリーから正面方向の見通しは割とよかった。
sT2033455_1.jpg
反面右方向はバルーンマンションに遮られて殆ど見えなかった。
もっとも、「見る」よりも「同乗」を楽しむイベントなのでたいした問題ではない。

雪を跳ね上げながら疾走するカマキョウ号。
sT2033526_2.jpg


ヘアピンで盛大に雪を巻き上げているところ。
sT2033538_1.jpg
3台とも少しずつラインどりが違うようだが、
1時間も走り続けると除雪車が通ったかのように雪がのけられてしまう。

緩い坂を下ってきてギャラリー前で曲がる原口インプレッサ。
sT2033674_1_.jpg

最終コーナーを抜けるカマキョウ号。
sT2033737_1.jpg
よく見ると全体がブレブレなんだけどアップする。

同じくギャラリーの目前で曲がっていく難波インプレッサ。
希望者は多いんだけど時間的な制約もあってせいぜい100人しか乗れない。
sT2033747_1_.jpg
受付で配っている整理券はあっという間に無くなるので、
希望者は9時半までに受付に行った方がいいと思う。


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://oowasiinabasiri2.blog88.fc2.com/tb.php/315-1e7b6f83
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。