--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.02.18

白樺とオジロワシ

12月中旬。平和橋付近の林に立ち寄るとオジロワシがいた。
まだ氷下漁は始まっていないので、単なる休息だろうか?
まだこの時期は雪が少ないので枯れ葉が多く残っている。
sTC160557_1.jpg

ED300mm&2倍テレコンで撮ったものをトリミング。
クチバシの先端が黒いので、成鳥になってからあまり年数経ってないほうだと思う。
帰って来てからiS(手ブレ補正機構)の威力に少し驚く。
飛びそうになったら切らないとならないので、ちょっと忙しいけど。sTC160557_1t.jpg

こちらは日没間際に白鳥公園で見たオジロワシ。
肩から上が明らかに白くなっていて、そのへんの若鳥とは一線を隔す風格を感じる。
ここしばらくつがいで並んでいる姿を見ないのがちょっと気になる。
sTC160566_2.jpg



北浜白鳥公園でハクチョウにエサを投げていると
何か様子が変な気がしたので水上を注視していると、
ホオジロガモの一羽がオナガガモに意地悪をしているのが見えた。
sTC163215_2.jpg

このホオジロガモ、浮上するときに真下からオナガガモのお腹をつついている。
sTC163215_2t.jpg

でもハクチョウ相手は不利なので避けるw
sTC163218_1.jpg

3時過ぎになって雪が降ってきた。
雪が積もり始めたなか、スズメがエサを探してキョロキョロしている。
sTC163222_1.jpg

公園の地面の上に丸くなるオナガガモ
sTC163225_1.jpg


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://oowasiinabasiri2.blog88.fc2.com/tb.php/321-69f2fb96
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。