--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.03.17

SL冬の湿原号

1月中旬。屈斜路湖に行くが、まだ湖は凍っていなかった。
sT1192497_2.jpg
砂湯では前回と同じような風景になりそうな気がしたので、
早々に切り上げて弟子屈町市街に向かった。

弟子屈に向かう途中、鉄道を撮っている人を見かけて
まだ標茶のSLを撮っていなかったことを思い出した。
運行時刻とか調べようと思って摩周駅に寄ると、駐車場がやけに混んでいてスキマが無い。
ふと見ると、ホームの辺りに湯気が立ち上っている。
一番近くの踏切に行くと、SLが停まっているのが見えた。
sT1192499_2.jpg
この日からSL冬の湿原号が運行を始めたのだった。

やや遠いので、ED300mm&EC-14を持ち出す。
sT1192508_2.jpg
しばれラリー撮影用に積んでた踏み台も持ち出して
いい場所がないかとあちこち見回す。

20分ほどして、SLが動き出した。
近付いて来てから分かったが、機関車が2両だった。
sT1192515_2.jpg
弟子屈~釧路ってそんなに急勾配なかったような気もするが、
迫力の割にはトルクが少ないのかと思ってしまったが、昔の客車と違って今の客車が重いのかもしれない。、

ディーゼル機関車ではまず味わえない迫力と存在感をまとって前進する蒸気機関車。
sT1192517_2.jpg
SL本体の維持も大変だろうけど、これを保守して運行させる人達の技量も凄いと思う。

スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://oowasiinabasiri2.blog88.fc2.com/tb.php/344-a0f944e3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。