--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.04.19

北浜で旋回するオオワシ

3月上旬。
平和橋付近にあまりつがいがいないことがわかったので、北浜に移動。
白鳥公園もかなり雪解けが進んでいて、
外で時間を潰すのもそんなに辛くなくなってきた。
sT3087414m.jpg

ハクチョウのエサはセルフサービス。
sT3087412m.jpg
元々は釧路のパン工場で残ったパンの耳が売られている。
エサそのものより、運賃と袋詰めの人件費の方が高そうだ。
人の少ない時は、スズメとかヒヨドリがつまみ食いに来る。

ハクチョウにエサを蒔いていると、東からオオワシが飛んで来た。
sT3084785_1.jpg
成鳥は春から巣づくりのあと子育てと、
スケジュールが詰まっているので、北へと帰りはじめる。


小さいので拡大してみる。
sT3084785_1t.jpg

頭上を飛行するオオワシ。
sT3084792_1t2.jpg
海鷲の眼は人間の眼と違って、この状態でも
片目では進行方向、同時にもう片方で真下を見ることができるらしい。
それで混乱しないんだから、ちょっと感心してしまう。

建物の陰に入ったので、白鳥公園の駐車場まで駆け足。
上空を見るとオオワシが旋回していた。
sT3084812_1.jpg
北に帰るのかと思っていたが、エサを探しているのだろうか?

ED150mmEC-20でこのサイズなので、かなり高いところを旋回している。
sT3084818_1.jpg

オオワシとトビとオジロワシ(若鳥)
sT3084856_1t.jpg

オオワシが海の方に飛んでいってしまったので、
またハクチョウにエサを蒔いて時間を潰していると、
キタキツネがやって来た。
sT3084860_1.jpg
しかし今回は水辺に近づかずに帰っていった。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://oowasiinabasiri2.blog88.fc2.com/tb.php/373-39d6decf
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。