--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.06.04

濤沸湖、青くなる

4月中旬。朝のうち北浜白鳥公園に行く。
放牧地でハクチョウがのんびり草を食んでいた。
sT4136864_1.jpg
「もうパンくずいらないんじゃないの?」と思うが、
ハクチョウに好みがあるので、
相変わらずカモメとケンカしながら観光客にエサをせがむものもいれば、
畑に落穂拾いに行くものもあり(なんか小麦の芽食ってないか不安になる)、
ある家族は網走市内に移動してエコーセンター脇を歩き回っていた。

快晴の濤沸湖
sT4136865_1.jpg
もう氷は見えない。

斜里岳の方向にも氷は残っていない。
あと2カ月もすれば周囲に緑があふれて小鳥が飛び回るようになる。
sT4136867_1.jpg
オジロワシも4、5羽いるんだが、止別や東藻琴、藻琴湖、
鱒浦周辺の海にも足を延ばすようになるので、撮影する機会はかなり減る。
(休日に探して遭えないのに、仕事で移動中に上空を飛んでいたりする。)
あと木の葉が茂るので、声は聞こえど姿は見えず…というパターンもある。

この後弟子屈までドライブした帰り、小清水の駐車公園から見た斜里岳
sT4136917_1.jpg


スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://oowasiinabasiri2.blog88.fc2.com/tb.php/413-251c5f45
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。