--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.06.06

Super Tarmac 2008(その1)

6月だというのに外気温が10℃に届かない日曜の朝。
陸別まで北海道ラリー選手権第3戦スーパーターマック2008を見に行く。
駐車場は陸別サーキットのAエリアよりも奥にある路上だった。
sT6017637m.jpg
気温が低いせいか、ガソリンが高いせいかわからないが、去年より観客が少ない。

3分ほど歩くとギャラリーエリアに到着。
右から走って来たラリーカーは中央のS字コーナーを抜けて
sT6017638m.jpg
左の上り坂へと向かう。パワーの少ないクラスにはやや厳しいポイント。
クローズドサーキットと違って無粋な防護フェンスがないのがいい。

今年の00カーはロータス・エリーゼだった。
sT6019021_1.jpg



で、ゼロカーはしばれラリーでもお馴染みの鎌田x2ランサー、通称カマキョウ号。
sT6019035_1.jpg
この後ラリージャパンに向けてカラーリングを変更するとかしないとか。

No.4の秋葉・伊勢谷ランサー
派手にマシンを振り回して、路面にブラックマークを残していった。
sT6019076_1.jpg
PLフィルターの角度を調整したので、コドラの人が手を振っているのが判ると思う。

No.10岡村・小野アルト・ワークス
sT6019150_2.jpg
FIAのホモロゲの影響もあるのか(JAFの規定には直接関係無い)、
アルトのライバルだったヴィヴィオは今回1台も出場せず。

No.21は栗原・高沢CR-X
ボンネットの形から見てVTEC付のだと思う。
sT6019265_1.jpg
元は10万円で買った中古車らしい。

スイーパーはスズキイエローのスイフトスポーツ。
sT6019294_1.jpg
スズキイエローが目立つ。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://oowasiinabasiri2.blog88.fc2.com/tb.php/428-42e02ee6
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。