--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.06.01

オオワシ若鳥の着地

3月下旬。かなり氷の融けた濤沸湖
駐車帯に車を停めて、カメラの準備をしているとオオワシが飛んで来た。
焦りながらカメラを掴んで車から降りる。
5kg近いレンズを持って車外に出るのは、気をつけていないと左腕の筋を違える。
カメラを構えた時、オオワシは着地するところだった。
sT3306618_2.jpg

着地するオオワシ若鳥と、それを避けるオジロワシ若鳥。
なぜかカラスは平然としている。
sT3306618_2t.jpg

水面に写る斜里岳
sT3307496m.jpg
海から風がよく吹く場所なので、斜里岳が綺麗に写るのはそんなに多くないと思う。


1時間後、オオワシの成鳥も来た。
sT3306669_1.jpg
国道をウトロ行きの観光バスが走っているが、肉眼で見るには遠くて
猛禽を見慣れた人でも湖上にオオワシが降りて来たのは分からないと思う。

何か驚かせているワシたち。
sT3306669_1t.jpg

着地の時だけはなんか喧嘩しているようだが、長々と争う訳でもなく、すぐに平然と並んで座る。
(蹴られた方が飛び去る時もある。)
sT3306685_1.jpg
鷲同士のルールというか、本能に刻まれた何かがあるのだろうけど、不思議な光景だ。


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://oowasiinabasiri2.blog88.fc2.com/tb.php/429-b2487925
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。