--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.07.07

双子の桜2008

5月上旬。
旭川を早目に出発したので、正午には北見を通過。
真っ直ぐ網走に戻るのも勿体ないので、津別町へ寄り道。
sT5068169_1.jpg

今年は青空をバックにして撮ることのできた「双子の桜
sT5068173_1.jpg
例年よりも2週間は早く咲いて、ゴールデンウィーク中なのに花見ができた。

公園内の街路樹にも桜が植えられている。
sT5068178_2.jpg
真っ直ぐ双子の桜に行こうとすると周囲のシバザクラを踏んでしまうので、少し遠回りして歩く必要ある。


少し雲があるのと、午後になって逆光なので、こちら側から撮ると空が白くなる。
シバザクラはまだ咲き始めといった様子。
sT5068188_2.jpg

津別町を眺められる丘の上に広がる桜の枝。
sT5068192_1.jpg
風通しは良すぎる位で、開花したら即見に行かないと葉桜になっていたりする。

地面すれすれから見上げる桜の樹。
今年はE-3を使ったのでこういうのを撮るのはラクだった。
sT5068194_2.jpg

桜の周囲を歩きながら青空の多いアングルを探す。
去年撮っていなかった構図でいいのがないかと考えながら歩く。
sT5068202_2.jpg

この角度は好きなんだけど、照明がすぐ後ろに立っているのでどう撮ろうか悩む。
苦し紛れに幹の陰にしてみたけど、いまいち。
sT5068205_1.jpg

こっちは開き直って照明も並べてみたもの。
sT5068209_2.jpg
CM用ならパソコンで加工して消すのもアリだと思うけど、
自分用の写真でそれやっちゃうのは抵抗がある。

たまには太陽も一緒に撮ってみる。
sT5068218_2.jpg
こういうの撮る時、Zuiko Digital 14-54mmの逆光への強さにはかなり助けられる。

上の写真は14mmで撮っているが、こちらは54mmで撮っている。
太陽が構図に入らないようにしているが、
地平線方向の空は雲が多いので白飛びしておりかなり印象が変わってくる。
sT5068223_2.jpg
撮影の間、風が吹くたび桜の花びらが舞っており、
この数日後には散ってしまったらしいので、今年はいいタイミングで撮影できたんだと思う。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://oowasiinabasiri2.blog88.fc2.com/tb.php/446-75fad5b2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。