--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.08.12

一面のアヤメ、そして馬(前)

6月下旬。
北浜白鳥公園ではまだヒオウギアヤメの花が見られた。
sT6220517_1.jpg
この花、本州では高山植物らしいのだが、
海抜1mかそこらの濤沸湖畔で咲いているということは、
如何にこの辺りが涼しいかという証明でもある。
ちなみにⅠkm南に移動すると、ミズバショウ群生地がある。

ヒオウギアヤメの植生回復のため、放牧されている馬。
sT6220521_2.jpg
ヒオウギアヤメには毒があるので、馬はほかの雑草を食べているらしい。

放牧地を走り回る黒い馬。
sT6220509_2.jpg
実は大人になった茶太郎に追い掛けられているところだったりする。

馬じたいはサイズが大きいほうなので、ピントは合いやすいけど、
あまりシャッタースピード落とすと動きが激しくてブレブレに見えるし、
かといってシャッタースピード上げ過ぎる動いている感じが薄くなりそう。
sT6220510_2.jpg
色々試してみて経験積むのがいいんだけど、馬というのは走っているよりも、
食べるか昼寝していることの方が圧倒的に多いことが問題だ(笑)

スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://oowasiinabasiri2.blog88.fc2.com/tb.php/480-8665eb82
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。