--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.08.13

一面のアヤメ、そして馬(後)

6月下旬。遠くの浅瀬にオジロワシの幼鳥が見えた。
sT6220526_1.jpg

拡大してみると、白い部分がかなり多い。
去年も見かけた鳥なのか、今年はじめて見かけた鳥なのか、識別しにくい。
sT6220526_1t.jpg
もしかすると今年巣立ちしてヒナなのかもしれないが、よく判らない。

空中へ舞い上がるオジロワシ。
sT6220531_2t.jpg
クチバシの形と色からして、オジロワシの幼鳥には違いないが、遠いので資料としても少し弱い。
秋までにはもう一度くらい近くで撮れるだろうか?


網走周辺でよく見かける野草、エゾスカシユリ。
sT6220566_1.jpg

こちらはE-1 & ED35-100mmで撮るアヤメ畑と馬。
sT6224023_1.jpg
雲で斜里岳が見えていたらよかったんだけど、
自然というものは人間の都合よく振舞ってくれないので仕方ない(ちょっと大袈裟か。)

雑草のなかに僅かに生えていたヒオウギアヤメ。
sT6224024_1.jpg
アヤメの周囲に生えていて「雑草」よばわりされているこの草にも
本来はちゃんとした名前があって、ここに来る
虫とか鳥とかキタキツネの役に立っているのだろう。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://oowasiinabasiri2.blog88.fc2.com/tb.php/481-b1813445
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。