--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.12.01

弟子屈のわんこ~テツ~(その12)

月イチで登場する弟子屈たこ焼き屋「たこまつ屋」の飼い犬・テツ。
今週は天気が悪いのであまり写真がない。。
雪の降るなか小走りでフラッシュを焚くと
テツの白い体だけ浮かび上がってまるで夜のよう。
sTB302060_2.jpg
この後降りか強くなってすぐにたこまつ屋へ引き返した。

たこまつ屋の店内でくつろぐテツ。
少し大人しくしているところ。
sTB302079_2.jpg
散歩してきたので割と満足している感じだった。
(でももう一度リード着けたら喜んで出て行きそう。)

今回はZuikoDigital 25mm F2.8も持って行ったけれど、天気が悪くて出番がなかった。
向かって右側の眼にピント合わせたら左の耳はボケはじめている。
好みとしてはもう1段絞って耳をはっきり写しておけばよかった。
sTB302073_2.jpg
OM用の24mm F2.8に比べたら絞り開放でもしっかり撮れるように感じる。
ただしピントが合うのはZuikoDigital 14-54mmに比べるとやや遅い。


話は大きく変わるが、最近サンパックPF20XDを買った。


補助に使えるフラッシュが欲しくなったのだが、
比較的安くて携行しやすいのを探したらこれがよさそうだった。
sTB292773.jpg
右のがPF20XDE-410の内蔵フラッシュに同調して光っている。

そのまま適当な場所に置いても大丈夫なのだが、
卓上三脚と組み合わせて被写体を見下ろすように設置したい。
sTB298084m.jpg

試し撮り。
被写体の斜め後ろにPF20XDを置いて、正面からE-410の内蔵フラッシュを焚くと
内蔵フラッシュのみとは少し違った雰囲気が出せる(影の向きにも注意。)
sTB292830.jpg
これもE-410PF20XDの光量を色々変えてみると面白いと思う。
GN20なので被写体から4m以内に置いた方がいいと思う。
再チャージに最大7秒かかるので、せっかちな人には向かないかも?

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://oowasiinabasiri2.blog88.fc2.com/tb.php/574-80a13621
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。