FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.12.20

夕方にオオタカ

11月下旬。北浜でオジロワシを眺めていると、ハクチョウが公園へ飛んで行った。
iSを解除してハクチョウにフォーカスする。
sTB291994_2.jpg
ハクチョウのバックの知床連山…は霞んで見えなかったが、
フレトン展望台のピラミッドはわかった。

白鳥公園で遠方にワシがいないかと探していたら、
ユリカモメと同じくらいのサイズの鳥が国道わきの電信柱にとまった。
電柱にとまる直前に眼と鼻の先を通過したのに、
速くてカメラを向けることすら出来なかったのだが、恐らくオオタカだろうと思う。
sTB292022_1.jpg
こういうときに限ってED150mmを単体で使っていて、テレコンは車の中だったりする。
(薄暗くなっているのでテレコンは外していた。)


オオタカのあたりを拡大。
sTB292022_1t.jpg
このサイズでは識別は難し過ぎる。

日を改めて、北浜白鳥公園でオジロワシを見つけた。
ここで「見つけた」と書くのは、珍しくなさ過ぎて逆に変な気もするけど…。
sTB302035_1.jpg
売店の2階から窓ガラス越しに獲っているので、
空気による屈折(比較的日差しが強いので顕著に画像が歪む)と相まって
オジロワシの部分を拡大しても鮮明には写せなかった。

夏は子育てで賑やかだったスズメ達だが、
冬は巣とエサの確保が大変なので白鳥公園に集まってくる。
sTB302039_2.jpg
農家の納屋も重要な越冬地だが、今は納屋も構造が変わって
巣を作れるような隙間が少なくなっているようだ。
面白いと思ったのは、数年前に離農した実家の納屋からスズメがいなくなった。
母屋は無人になったけれど、周囲には田畑があるのでエサの確保には困らないはずだが、
納屋に出入りするスズメを1羽も見なくなった。
人間の近くに営巣して天敵の襲撃を避けているからだろうか?

漁師さんのポートを避けるハクチョウ。
sTB302042_2.jpg
漁師さんもあまりスピード上げないけど、
たまにボートの進行方向に逃げるのがいて心配になる。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://oowasiinabasiri2.blog88.fc2.com/tb.php/586-59e16f72
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんばんわ。
テツは今でも美幌峠(2階のカベ)に写真飾ってもらってて、
人気ある犬だと思います。今でもたまに本州から贈り物が届くとか。
いつかたこ焼き屋さんに会いに行ってやってくださいね。
Posted by XJRR2 at 2008.12.21 21:32 | 編集
いつも楽しい観察と写真ありがとうございます。今回はスズメまで登場して全ての生き物へのやさしい思いが伝わってきます。あらゆる生き物が棲み難い地球になってしまって悲しくなりますね。

私は弟子屈のテツの大ファンです。先日の写真、彼女とても良い表情で美人になったなぁ、とテツコちゃんの幸せな現状が推察出来てうれしくなります。

これからの楽しみに拝見させて頂きます。
Posted by marimari at 2008.12.20 12:49 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。