--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.01.17

オオワシとゴジュウカラ(後)

12月中旬。女満別湖畔にて。
オオワシを撮りつつ、ゴジュウカラも撮る。
sTC152928_1.jpg
ずっと樹を突付いているのでキツツキかと思ってしまうが、
実はキツツキに嫌がらせして巣穴を横取りすることもある、
まるで地上げ屋のような鳥だったりする。

こちらを振り向くゴジュウカラ
sTC152932_1.jpg
近距離で大口径の望遠レンズ向けてるから気になるんだろう。
(あまりに近いので、久しぶりにフォーカスリミッターを解除した。)


ゴジュウカラだけ1024x1024で切り出してみる。
(サムネイル表示。クリックすると別ウィンドゥで表示する。)
sTC152932_1t.jpg

木の枝を駈けるゴジュウカラ
木の幹を逆さに降りてくるだけあって、木の枝を歩く時も
(地球の重力を気にしてなさそうに)らせん状に移動したりする。
sTC152935_1.jpg
fnボタンをこまめに押してAFを微調整しつつ撮影。
近距離で被写界深度が薄いためF11まで絞る。

木の枝の先端まで来て、上空を振り向くゴジュウカラ
sTC152938_2.jpg
オオワシに嫌がらせしようとか思ってたりして…?

最初に撮ったオオワシはこの位置から微動だにせず。
sTC152946_1.jpg
あんまり足元からカメラ向けると嫌がって
どっかに飛んでいきそうなので、ここで切り上げ

…ようと思ったら、今度はカラスの群れがやって来てオオワシにイヤガラセ。
sTC152950_1.jpg
それでもこの枝でじっとしていたんだから、割と神経の太いほうなのかもしれない。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://oowasiinabasiri2.blog88.fc2.com/tb.php/603-c45dd70f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。