FC2ブログ
2009.02.03

ブリザードラリー2009(その1)

1月25日千歳にて。
ラリーの北海道地区戦はスノーステージから始まる。
今回は「スタッドレスタイヤ装着車であればライセンス不要」の
クローズドクラスが設定されたため(エントリー費用も1台1万円と安く設定)、
ラリーチーム・カマキョウからは(最小構成のプライベートチームなのに)
セカンドチームとしてヴィヴィオとフォレスターも出走することになった。
sT1255229_1.jpg
のんびり会場に着くと、すでにサービステントが設置されていて…

中では豚汁を作りはじめていた(笑)
sT1255230_2.jpg
通常サービステントではラリーカーの整備作業をするのだが、
今回は全行程が新千歳ダートトライアルコース内で進行するため
整備は不要(刺さっても直す時間はないに等しい。)
応援メンバーによる豚汁&甘酒の炊事場兼食堂になった。

※最初題名に「EZO」と着けていましたが、勘違いだったので削除しました。


開会式の時はどんより曇っていたので、
写真の上下をぶった切って載せておく。
sT1255241_1.jpg

開会式が終ったらすぐにクローズドクラスの参加者に対して
全日本ラリーのセキネン選手から重要事項の説明。(真ん中の真黄色の人。)
sT1255246_1.jpg
大雑把に言うと「コース上で動けなくなったらすぐに三角停止表示板を
置くこと。スタートは前の車の真似をしていれば何とかなります。」という内容。
ちなみにクローズドクラスの最初の車のコ・ドライバーは、
全日本ラリーで北村選手のコ・ドライバーを務めた竹下選手。
(まぁ今回コースが短すぎてナビゲーションの必要性はかなり低いんだけど。)

緊張と不安と期待で落ち着かない感じのクローズドクラスの面々。
sT1255250_2.jpg
(ごく一部ラリー経験者が混ざっているので騙されない様に。)

SS1でホームストレート前を疾走していくカマキョウ号。
sT1255156_2.jpg
今回コ・ドイバーを務めるのは(いつものチエコ女史ではなく)
ラリーチーム・カマキョウ撮影班の筆頭、雪風氏。

CarNo.11、石塚・伊勢谷コンビ。
観客席はホームストレート前の土手の上。
sT1255187_5.jpg
コースは一見圧雪路で走りやすそうだが、雪の下はアイスバーンで
力が加わるとタイヤの下の雪ごと滑っていくという悪コンディション。
(自分も朝走ってくるとき、ブレーキにかなり気をつかった。)

スポンサーサイト




この記事へのトラックバックURL
http://oowasiinabasiri2.blog88.fc2.com/tb.php/617-a0165f0b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する