--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.02.26

鷲に人気の木

1月中旬。中斗美にて。
澄んだ青空で天気がいいと思いきや、オホーツク海側には
厚い雪雲がかかっていて、風向きによっては荒れそうな予感。
sT1175199_1.jpg

畑(今は雪原)の向こう側に集まるオオワシをED300mm & EC-20
手持ちで撮る(iSはワシの動きを見てUN/OFF切り替え。)
晴天で雪原がらの照り返しもあるので、比較的シャッタースピードを稼ぎやすい。
sT1174712_2.jpg
もっともこの季節、夏と比べれば日照時間は短いし、強い日差しもないので、
光の条件は1日のトータルで考えるとあまり良くないのかもしれない。
(照度計とか単体露出計で測っとけば分かるか?)


右のほうのオオワシ2羽を拡大。
sT1174712_2tw.jpg
(写真をクリックすると別ウィンドゥで拡大表示。)

逆光になるけど、近くに行ってみることにする。
そろそろと車を公園の駐車場に停めて(静かなところなので、
それなりに排気音は響いている、
公園の遊具の向こうに海ワシの集まりを撮る。
sT1178265m.jpg
ワシによっては、車から降りた瞬間に飛び去るものもいるので、
見に行くなら声を立てないほうがいいと思う。

逆光気味で撮るオオワシその1。
sT1174718_1.jpg
やはりこの場所は午後から撮るべきか?

こちらは道路を挟んで公園の反対方向にとまっていたオオワシ。
sT1174721_1.jpg
順光だとクチバシの黄色かくっきり写る。
少し離れてオジロワシの若鳥もいたが、その写真は省略。

逆光気味で撮るオオワシその2。
久しぶりにE-1 & ED150mm(テレコンなし)で鷲を撮る。
sT1175202_2.jpg
これだとどれがオオワシでどれがオジロワシかすぐに識別できないし、
えらく地味なのでイマイチ。

北浜に向かおうとしたところ、ワシが飛んで来た。
慌ててカメラを構え直すと、オオワシの幼鳥だった。
sT1174728_1.jpg
主翼下面に白い部分が多いが、成鳥のそれとはパターンがまるで違う。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://oowasiinabasiri2.blog88.fc2.com/tb.php/641-1859db6d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
こんばんわ。
ここはたま~に野鳥の会の人が見に来るほかは
誰も見に来ない場所だったりします。
まあ観光客が押し寄せてきても困りますけど。
Posted by XJRR2 at 2009.02.26 20:37 | 編集
素晴らしいオオワシの写真ですね。

実物は一度だけ見たことがありますが、一羽だけでも感動なのに、この数は圧巻ですね。

オオワシファンには堪らないかも。

テッチャンのかわいい写真と近況報告ならず、オオワシのヴァージョンも楽しませて頂いてます。

ありがとうございます。
Posted by marimari at 2009.02.26 09:58 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。