--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.04.17

オジロワシ、狩りから戻る

3月上旬。北浜白鳥公園にて。
カモメの動きかおかしかったので上空を見回すと
オジロワシが海から戻って来るところだった。
sT3028311_1.jpg
かなり遠いので、脚に掴んでいる獲物が何かまでは識別できない。

白鳥公園のすぐ近く、いつもの枝に止まろうとするオジロワシ。
sT3028316_2.jpg
木の枝だらけで判別し難いが、ど真ん中にオジロワシの後姿が写っている。


で、オジロワシの部分だけ拡大してみると、
カワアイサ(ウミアイサ?)らしい鳥を掴んでいるのが判る。
sT3028316_2t.jpg
ホオジロガモも似たような色をしているれれど、
潜水して逃げるのが得意なので多分違うと思う。

さっきまで歩き回っていたタンチョウが飛んで移動中。
sT3028324_2.jpg
前に来たテレビ局の人もこんなのが撮りたかったらしい。

これも遠いのでトリミングしてみる。
sT3028324_2tw.jpg
(元画像は1600x1200のサイズなのでサムネイル表示。
写真をクリックすると別ウィンドウで拡大表示。)

薄暗くなり、観光客もほとんどいなくなった頃、
対岸にキタキツネがやって来た。
sT3028327_1.jpg
海から流れてきた物の中に食料があるのかもしれない。
(別の海岸で捨てられた冷蔵庫が流されてきたこともあったので、
本当にお宝が流れてくるかもしれない。)

もう帰ろうかと思ったら、タンチョウがまたやって来た。
sT3028334_2.jpg

着水の瞬間のトリミング
太陽はほとんど沈んでいたが、レタッチして陰影を着けてある。
sT3028334_2tw.jpg
(これも元画像は1600x1200のサイズなのでサムネイル表示。
写真をクリックすると別ウィンドウで拡大表示。)

日の暮れた濤沸湖でエサを探して歩き回るタンチョウたち。
sT3028338_1.jpg
一番左のが独り身、右の2羽がつがいの様子。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://oowasiinabasiri2.blog88.fc2.com/tb.php/669-417272c5
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。