--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.04.21

網走湖の河口にて

3月上旬。今年は湖の氷が薄めなので、融けるのも例年より早め。
網走湖で昼寝するアザラシも遠くなっていく。
潜水するホオジロガモを眺めるアザラシ。
sT3078378_2.jpg

アザラシの部分だけトリミングしてみる。
sT3078378_2t.jpg
ED300mm & 2倍テレコン絞り開放で撮って少し甘かったので
シャープネスを思い切り上げているので粗くなってしまった。
でもヒゲが写るのには感心。



離れたところにもう一頭が昼寝中だった。
sT3078379_2tw.jpg
(サイズが1024x768なのでサムネイル表示。
写真をクリックすると別ウィンドゥで拡大表示。)

駐車場に戻ると、真上を沢山のワシが旋回しているのに気がついた。
旋回しながら徐々に上昇し、南風にのって北へ帰るのだろう。
まずはオジロワシの幼鳥。
sT3078389_1tw.jpg
右主翼に羽根が一部無いが、手ぶらで飛ぶには全く支障ない様子。
(1200x1600なのでサムネイル表示。写真をクリックすると別ウィンドゥで拡大表示。)

こちらはオオワシの幼鳥。
sT3078393_1t.jpg
オジロワシとはクチバシと主翼の微妙な違いで識別できるけど、
何となく茶色っぽいのがオジロワシ、
ほとんど白黒なのがオオワシ、
で覚えておいてもいいと思う(実生活では役に立たんか?)

ゆうゆうと旋回しているように見えたけど、
写真を撮り始めたら皆天都山のかげに移動して見えなくなってしまった。
sT3078396_1.jpg
しかし、鷲は滑空している姿が一番サマになると思う。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://oowasiinabasiri2.blog88.fc2.com/tb.php/672-431c5d5f
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。