--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1999.01.01

装甲騎兵ボトムズ・孤影再び

たまにはアニメのネタバレ感想とか書いてみる。
(TVシリーズ本編をリアルタイムで観ていた人は40~50代になっていると思う。)
sPDVD_000_2.jpg

装甲騎兵ボトムズ 孤影再び  [Blu-ray]装甲騎兵ボトムズ 孤影再び  [Blu-ray]
(2011/04/22)
郷田ほづみ、富田耕生 他

商品詳細を見る



時系列としてはTVシリーズ最終話の30年後。OVA「赫奕たる異端」の数ヵ月後。
装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端 1 [DVD]装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端 1 [DVD]
(2007/02/23)
郷田ほづみ、松岡洋子 他

商品詳細を見る

冷凍睡眠から目覚めた「神殺しの男」キリコは、各陣営にマークされていた。
この世界の認識だと「クエント星を破壊した男で、触るな危険」ってところか?
sPDVD_001_2.jpg
商業都市グルフェーへ向かうキリコは、道中ギルガメス軍の小隊と戦うのだが、
砂塵の中から片脚ローラーダッシュでATが飛び出すシーンはかなり良かった。
飛び出す前にコックピット砂に埋まるとか、爆風を使ってジャンプは強引とか、
ツッコめるけれど、テンポがいいので気にならない(贔屓だけど。)
sPDVD_002_2.jpg
グルフェーにあるバニラ邸に保護され、一息つくキリコ。
仲間に再会して「昔のままだ」と言う時の表情はとても良かった。
しかしこの夜には、キリコはグルフェーにも留まれないことを再確認する。
仮にグルフェーがギルガメス軍に包囲されていなかったとしても、キリコがいるだけで仲間を危険にさらすのは容易に想像ができる。
30年前(冷凍睡眠していたキリコには1年かそこら)とは違って、仲間には子供達と住み慣れた土地がある。
sPDVD_006_2.jpg
誰にも告げず、バニラ邸を去るキリコ。
グルフェーの街外れでマーティアルに助けを求める少年達に出会う。
マーティアルの総本山を壊滅させたキリコは、この時グルフェーを守る責任を感じたのかもしれない。
sPDVD_008_2.jpg
この夜、キリコはATを隠してある倉庫の中で眠るのだが、何故その倉庫を知っていたのかは謎。
ソルティオの切り替えの早さと、ギャッシルマンの「不死身か?」のあたりは不満が残る。
ヘリを落とすのは駆けつけたバニラだったら良かったのに…と思う。
sPDVD_010_2.jpg
戦闘シーンはかなり良かった。ダッシュしながら左肩のランチャーを捨てるところとか、
爆煙を突っ切ってマシンガンを連写するところとか、CGの違和感はかなり少なくなったと思う。
流石に全部セルで描いてるOVA「野望のルーツ」には負けるけど。
sPDVD_011_2.jpg
装甲騎兵ボトムズ レッドショルダードキュメント 野望のルーツ [DVD]装甲騎兵ボトムズ レッドショルダードキュメント 野望のルーツ [DVD]
(2007/02/23)
郷田ほづみ、小林清志 他

商品詳細を見る

途中からテイタニアと、テイタニアを追ってきたマーティアルのAT部隊まで混戦になり、最終的には全軍壊滅。
いつもどおりキリコに関わるとろくな事にならない。
sPDVD_012_2.jpg
テイタニアとの最後の会話(キリコは喋ってないけどw)
「見えたぞキリコ、お前の後ろだ。」はヒロイン(恋人役ではなく、もう一人の主役の意味)らしい渋さがあった。
sPDVD_018_2.jpg
そして砂漠を一人去っていくキリコ。
全体的にテンポがよく、乾いたラストがボトムズらしく、満足だった。
欲を言えば110分位かけて、中盤にもテイタニアの出番を増やすとか、バニラ一家を勢揃いさせるとかあったら良かったんだが、「ガンダムほど集客できない = 予算をかけられない」ので、まぁ仕方ないか。
sPDVD_020_2.jpg
この続きがOVA「幻影編」なのだが、投げっぱなしで終わるので観るなら覚悟(?)するように。
装甲騎兵ボトムズ 幻影篇 6 [Blu-ray]装甲騎兵ボトムズ 幻影篇 6 [Blu-ray]
(2010/10/27)
郷田ほづみ、千葉 繁 他

商品詳細を見る

元々TVシリーズの続編は作らない予定が、「野望のルーツ」が予想外に売れて「赫奕たる異端」と「ペールゼン・ファイルズ」を作ることになってしまい、「幻影編」で今度こそ終わらせようとしたら、大人の事情で更に続編を作ることになった…らしい。
TVシリーズとOVAを観比べると、色々と破綻している訳で、これから全部観ようという奇特な人は、面倒でもTVシリーズ本編から見始めるべきだろう。
装甲騎兵ボトムズ DVD-BOXI装甲騎兵ボトムズ DVD-BOXI
(2010/02/23)
郷田ほづみ、富田耕生 他

商品詳細を見る


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://oowasiinabasiri2.blog88.fc2.com/tb.php/688-29bdd5de
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。