--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.04.27

珍しく若いのが

12月上旬。北浜に行くと、例の崖からまだ奥にオオワシを見つける。
どこから撮っても遠いので、バックがシンプルになりそうな位置まで移動して三脚を据える。
湖上に座ったオオワシは、人間を警戒するか、近くのワシが魚を撮るか、
カラスにつきまとわれるかしないと動かないことが多いので、
2枚撮ったら帰ろうかと思ってしまう。寒いし。
結局、近場のゴジュウカラを撮ったりして20分くらい粘ってみたら、
まわりのカモメだけ(別のオジロワシに警戒して)飛んでくれた。
sPC031060ost_1.jpg


白鳥公園に行くと、チラチラ雪が降ってきた。
もうカモだけ撮って過ごそうと思い、AT-X150を35-100mmに交換したら
珍しく正面にオジロワシの若鳥が降下してきた。
魚獲り1回目を失敗したところ。
sPC031078ost.jpg


上昇して裏山に帰るのかと思ったら
sPC031091ost.jpg


再度同じ場所に降下して小魚を捕まえた。
すっごく寒そう。
sPC031106ost.jpg

上の写真そのままだと物足りないのでトリミング。

水しぶきを上げて離水。
sPC031078ostT.jpg


まだ若いとはいえ、シルエットとサイズがトビとは違う。
sPC031091ostr.jpg


成鳥のように大魚を獲ることは無理なのかもしれないが、今後に期待したい。
sPC031106ostT.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。