--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.02.09

ブルースブラザーズ

6月上旬。定時に帰宅できたので性懲りもなく北浜へ向かう。
少し曇っているので条件は悪いが、アオサギを撮って新しいCFのテストをしながら
遠くのオジロワシが寄って来るのを待っていた。
sP6072301osR.jpg


ふと上空を見ると、大きいのが2羽接近してきた。
日没間際なのに上昇気流があるのか、旋回・上昇していく。
翼を広げた時に翼の前縁が直線に見えるので、片方がオジロワシだと判断できた。
ただトビのサイズと比較してオジロワシがやや小ぶりに見えたので、
もしかするとまだ若いのかもしれない。
sP6072303os1.jpg


中州のオジロワシ夫婦、さっぱり動かないと思っていたら、フレーム内にアオサギが降りてきた。
岸壁にいる人間は害がなさそうと判断したのだろうか。
片方が首を縮めているだけなのに、首を伸ばしているのよりふっくらして見える。
こっちの2羽もつがいなんだろうけれど、ヘンな兄弟が活躍する映画を思い出してしまった。
sP6072384os.jpg
スポンサーサイト


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。