--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.05.22

離陸上昇中

1月中旬。呼人でオオワシの幼鳥を撮ろうと
国道沿いを歩いていると、右で何か動いた音がした。
何か影の見えた方に反射的にレンズを向ける。
ファインダーの向こうにはオオワシが見えた。
sB1130461ost.jpg


逆光で雪原(網走湖)がまぶしい。
ピントは1枚目で固定、露出はカメラ任せ、
バッファ4枚分の間ファインダーに
オオワシを捉えることに神経を集中する。
sB1130462ost.jpg


尾翼に太陽光が反射して輝いている。
どういう心理かこちら側に向きを変えている。
sB1130463ost.jpg


RAWで撮っていたので、ここでバッファ使い切る。
目前に来た時1枚だけシャッター切れたか、
焦ってしくじってしまった。
sB1130464ost.jpg


国道を挟んで眼と鼻の先にとまる。
順光なのでありがたいと思っていたら・・・
sB1130466ost.jpg


向きを変えてカメラ目線に。
(実際はワカサギ釣り会場を見張るためだけど。)
sB1130467ost.jpg

最後の1枚を拡大。
sB1130467ostt.jpg

手ブレしている。
スポンサーサイト

この記事へのコメント
長丁場になりそうな時は三脚使いますけど、
ほとんど手持ちで撮ってます。

状況次第では片ひざついたり、
車の窓からレンズ出したりしますけど、
ワシが周囲を旋回したり真上を通過したりするので、
真冬は9割がた手持ちになりますよ。
Posted by XJRR2 at 2007.05.23 00:33 | 編集
もしかして、手持ちで撮ったの?
寒いのによくやるなぁ(^。^)
Posted by えんちゅ at 2007.05.22 22:49 | 編集
このオオワシの写真は素晴らしいですねぇ。
個人的にはオオワシのでかいくちばしが気に入りませんねぇ。
ナイフで削ってひとまわり小さくしたいです。
Posted by えんちゅ at 2007.05.22 22:48 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。